プロミスの審査に落ちてしまった・・・

もう大手で安心してキャッシングは出来ないの!?

諦めるのはまだ早いです。
ある会社で審査落ちしたからといって、すべての会社で審査が通らないという事はありません。その審査の基準審査方法通過基準には「必ず」各社違いがあるのです。つまり出来るだけ多くの会社に申し込むと、より融資を受けられる可能性が広がります。
当サイトでは審査方法がそれぞれ違い金利も安く、限度額も大きい即日審査OKの大手有名会社のみを厳選してピックアップしました。担保・保証人原則不要で、アルバイトパートの方でも一定の収入があればご融資可能です。

バイト・派遣でも

三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム

オススメポイント!
・即日融資も可能
・来店不要

アコムアコム

初めてキャッシングされる方へ

初めてキャッシングされる方の「心配」や「不安」 にお答えしながら、それぞれに合ったキャッシン グをランキング形式でご紹介します。

Q一度キャッシングしてしまうと、そのまま多重債務者になってしまうのではないかと心配です。

A まず基本は、キャッシングする前に無理のない返済計画をたてること、その計画に沿って着実に返済をしていくことで多重債務を防止する事が出来ます。

ただし、その返済計画を立てる事が難しかったり分からなかったりしますよね。だからこそ、貴方が無理なご返済に陥らないようなご利用方法を豊富に準備してくれているキャッシングサービスがプロミス、アコム、モビットにはあります。

Q キャッシング時に審査があったり、何かと手続きが面倒臭そう。借り入れはしたいけれど、手続き手順を調べるのがまた面倒臭いです。

A 今は大手のキャッシング会社のサービスでも審査が来店不要でWeb上で行われ、スピーディーに完了するところが増えています。

審査は最短1分以内、来店不要でweb上でお申込み、最短即日融資、そんな便利な大手キャッシングサービスが、やはり人気ランキングの上位にきているようです。

プロミスプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス

オススメポイント!
審査回答最短30分
来店不要。即日融資も可能です。
お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。
コンビニでもお借入、ご返済が可能です。

プロミスプロミス

お金を借りる前に~賢いキャッシング選びについて~

「お金を借りる前に」では、キャッシングを選ぶ際に役立つ情報をご紹介しています。TVCMなどでキャッシングサービスは身近なものになりましたが、いざ借りるとなると、どこから借りたらいいか迷ってしまいますよね。「いますぐお金を借りたい!」方も「はじめてお金を借りるので不安」な方も、まずは当サイトで、賢く安心なお金の借り方やキャッシング選びのポイントについてチェックしてみましょう。


お金を借りる前に知っておきたい得する借り方

お金を借りる時に、慌てて借りて損をした!という人がまだまだ多いようです。情報が多すぎて、何を信じていいか分からない・・・。と、いった悩みも聞かれます。でも、得する借り方の大事なポイントを覚えておけばご自分にあったキャシング会社を選ぶことが出来ます。まずはしっかりとポイントを覚えておきましょう。

まずは利息をチェック

消費者金融でお金を借りる場合、絶対にチェックしなければいけないのが利息。金利や貸付利率、実質年率などとも言います。利息についてカンタンにざっくりいうと、借りたお金にプラスして払うお金のことです。4.5%~17.8%などと幅がありますが、初めての場合なら適用されるのは高い方の上限金利です。つまり上限金利が少しでも低い金融会社を選んだ方がお得なのです。さらに、初めての人なら無利息期間があるキャシング会社がおすすめ。無利息期間中にお金を返せば、お金をプラスして返す必要がありません。初めてのキャシングなら、無利息期間があるプロミスレイクなどを選びましょう。

信頼出来る会社かチェック

急いでお金を借りる時には、どこでもいいから早く貸して欲しい、と焦って大きなトラブルになることがあります。今、消費者金融はCMを出している大手の消費者金融以外は、利息が高いか審査が厳しい場合がほとんどです。審査が甘いと勧誘する金融機関には注意してください。ヤミ金と言われる違法に高い利息でお金を貸している場合があります。上限金利が18%を超える金融機関ではお金を借りない方が安全です。特に、20%を超えていると違法な金融機関になります。プロミス、アコム、モビット、アイフル、レイク、オリックスVIPカードなど、大手の会社から申込みをしてみましょう。

消費者金融系キャッシングがおすすめ!

そもそもお金が借りられるかどうか、ということも大切です。銀行系のキャシングでは、利息が低いかわりに消費者金融系に比べて審査が厳しい傾向にあります。初めてのキャシングには消費者金融系を選ぶといいでしょう。消費者金融系のキャシング会社には、アコム、プロミスなどがあります。

お急ぎでお金を借りるならこの3社知っておきたいWeb申込み

一般的なWeb申込みの流れ

店舗、郵送での申込みに比べて、Web、スマホでの申込みはカンタンでスピーディーです。
24時間いつでも申込みが可能で、最短即日振込も可能なのです。 店舗で申込みする場合でも、事前にWebから申込みをしておきましょう。

お申込み

パソコンやスマホで、24時間365日いつでも申込みすることが出来ます。
申込み完了後、自動審査ですぐにご契約可能額がわかります。
※自動審査可能時間は9:00-20:00です。

審査

自動審査完了後、正式な契約可能額が、指定の連絡先へ連絡されます。
※Webでの契約の場合は、必要書類を携帯電話のカメラやスキャナなど画像化して、キャッシング会社に送付する必要があります。

契約内容確認

契約内容はインターネット上で確認します。

指定口座に振込

指定した口座に最短で当日中に振込されます。

書類・カードの郵送

契約書類、カードが自宅に郵送されます。
※店舗にて受け取ることも可能です。

必要書類はこちら

運転免許証、健康保険証、パスポートなどの身分証明証を用意してください。
※100万以上は、収入証明書が必要です。

パスポート 運転免許証 健康保険証
パスポート 運転免許証 健康保険証

当日中にお金を借りたい場合は

平日14時まで

ウェブからの申込み ⇒ 指定口座へ入金

申込みから審査、振込手続きまで、すべてウェブで完結するので、近くに店舗がなくても大丈夫。
お金は指定口座宛に振り込まれ、近くのコンビニなどのATMでお金を引き出すことが出来ます。

土・日・祝、平日14時?21時まで

ウェブからの申込み ⇒ 店舗・無人契約機でのカード受け取り・出金

銀行などの金融機関が休みなので、ウェブだけで即日振り込みが可能なのは、平日14時まで。ただし、平日14時以降・土日祝でもWeb申込みをしておけば、21時まで店舗・無人契約機などでカードを受け取り、最短でお金を引き出すことが可能です

※時間内でも状況によっては時間がかかる可能性もあります。

お金を借りる前に

違法業者に注意!

三井◯◯◯信販、西武◯◯◯など、大企業のグループ会社や、大手の消費者金融の関連会社であるかのように、紛らわしい会社名やサービス名をつけて消費者を惑わすケースが増えています。こういった違法業者でお金を借りると、大きなトラブルになりかねません。お金を借りる前に、安全な金融業者か確かめてください。

JCFA(日本消費者金融協会)の会員、登録店等を詐称する悪質業者にご注意下さい

消費者金融業界団体

最新記事

キャッシング最新情報

ジャパンネット銀行 100日間の無利息キャンペーン実施中

ジャパンネット銀行は、2014年1月14日(火曜日)~2014年6月30日(月曜日)の間、従来の30日無利息を100日無利息へと無利息期間を延長するキャンペーンを実施しています。
100日間の無利息とはすごいですね。計画的に利用したいですね。

モビット:三井住友銀行の提携ATM手数料の無料キャンペーンを延長

モビットは、三井住友銀行の提携ATMの利用手数料が無料になるキャンペーンを延長しました。
2013年1月28日(月)~2014年9月30日(火)
借入でも返済でも無料なので、モビットをご利用の方にはうれしいサービスですね。

レイクの神田店が移転へ

レイク神田店は、1月30日(木)にレイク秋葉原店として移転オープンするそうです。自動契約コーナーとなるようです。
新住所:東京都千代田区神田佐久間町1-21 鳥山ビル4F

お金を借りる前に

「お金を借りる前に」では、お金を借りることになった際に是非事前に知っておいて欲しい情報や、ちょっとした雑学、ためになる情報など、お金にまつわる様々な情報を発信しています。

お金を有効に使うために、お金を効率よく貯めるために、そしてお金を借りて失敗をしないために、当サイトをご活用ください。

さて、あなたは人からお金を借りたことがありますか?

もちろん友人・知人から借りるという手段もありますし、消費者金融から借りるという手段もあります。

いずれにしてもお金を借りるということは信用が非常に大事ですし、そのルールをあやまったり、信頼を裏切ってしまうと思わぬ落とし穴に落ちることがあります。人生を破滅させてしまうことすらあり得るのです

お金を借りる前の家計の見直し

では、そうならないためにはどうすれば良いでしょうか?

まずは、そもそもお金を借りなくても済むようにしっかりと管理、運用をすること(その知識を良く知っておくこと)。そして、正しいお金の借り方を良く理解し、正しく借りる(返す)こと。この2点です。

お金を借りなくても済むようにするためには、無駄な浪費をなくすこと、さまざまな節約を実施すること、増やすことなどがあります。

たとえ欲しいものがあったとしても、衝動買いをせずに、本当にそれが必要なのか?支払うお金に見合っているか?を買う前に一度よく考えてみましょう。深呼吸をしてみる癖をつけても良いかもしれません。一度お店の周りをぐるっと一周してみても良いかもしれません。自分なりのルールを作って、本当に買うべきかどうか冷静に判断できるようにすることが大事です。

節約を心掛ける

次に節約の実施ですが、これにも様々な手段があります。まずは自分の生活を振り返ってみて何にお金を使っているかを考えてみてください。食費や光熱費、携帯電話、家賃などなど…1ヶ月間の間にもさまざまなことにお金を使っていることに気づくと思います。この中でも1番節約しやすいのはもちろん食費ですね。光熱費はガスや電気、水の節約をしても効果は少ないですし即効性がありません。しかし食費の場合は節約をすればその日のうちに効果があるのです。例えば一食に700円使っていたところを、自炊に切り替えて300円に抑えればその日のうちに400円の節約が出来るのです。それはすなわち400円分、お金を借りるリスクが減るということになります。

余裕ある資金でお金を増やす

そして最後にお金を増やす方法ですが、これには元本割れというお金を失ってしまうリスクを伴うものと、元本保証されているものとがあります。銀行の普通預金や定期預金はリスクのないもっとも知られている手段でしょう。逆に投資や外貨預金などはお金が減ってしますリスクを伴いますが、その分リターン、ようはお金が増える可能性も秘めています。ですが、これは充分な余裕のある状況、持て余している余分なお金でやることをおすすめします。かるい興味や中途半端な知識でおこなうと、一瞬でお金を借りなければならない状況になってしまう怖さも秘めているのです。

さて、2点目に挙げた正しくお金を借りる方法ですが、このサイトではこちらをより詳しく解説しています。

キャッシングの基礎知識や、主婦や学生でもお金を借りる方法、あまり知られていない種類のカードローン、なるべく低金利でお金を借りる方法など、さまざまなテーマで詳しく紹介しています。初めてお金を借りる人向けにキャッシング会社のWeb申込みの方法も解説しています。そちらを読めば初めてでもきっと安心して利用することが出来るでしょう。
また、借金地獄におちいってしまったらどうすればよいか?や、そうならないための手段、ヤミ金の見分け方なども解説していますので、ぜひお金を借りる前に目を通してみてください。

すでに、お金の借り方に失敗して困難な状況に追い込まれてしまった人向けに手助けになるような記事もたくさん用意しています。

この「お金を借りる前に」では信頼のあるキャッシング・カードローン会社も紹介していますので、万が一お金を借りなくてはいけなくなった場合はそちらから詳細を確認し、申込みをしてみてください。

そしてその際に、今回お金を借りるのは「状況を好転させるため」なのか?それとも一時的な苦しさから免れるためなのか?をよく考えてみましょう。

ここで紹介しているキャッシング・カードローン会社はいずれも信頼のある大手ですので、ちょっと手持ちがなくて困ったときや、急な出費、給料日まで貯金が持たない!といった時にも有効に活用すれば大きな助けにもなってくれますが、必ず計画的にご利用するようにしてください。

お金というのは人の生活を豊かにもしますが、使い方をあやまれば時には不幸にすることもあります。そして自分一人だけではなく、あなたの家族や大事な人も不幸に巻き込んでしまうこともあるのです。大事なのは使い方です。

そして、忘れてはいけないのが、お金は人の生活を豊かにはしますが、決して幸せにするのではない、ということです。

幸せはお金では買えません。生活を豊かにしてくれるだけなのです。

欲をみればその分、周りが見えなくなり、いつの間にかお金を借りないといけない状況になり、気づいた時にはどうしようもなくなってしまっている、ということもありますので、是非この「お金を借りる前に」で十分な知識をつけてくださいね。

今後も継続的にお金にまつわる有益な情報を更新していきますので随時チェックをしてみてください。

お金を借りる前にチェックしておくべき3つのこと

今このサイトを訪れてくださっている方々は、みなお金を借りることを検討されている方々だと思います。私たちはそんな皆様にとって有益な情報、特に「お金を借りる前に」必要なことをお伝えしたいと考えています。

お金を借りる前にふと立ち止まって考えてみてください。今借りようとしているお金は、本当に簡単に借りていいものでしょうか?お金を借りることは想像以上に大きなことであり、ある意味人生の節目だと考えても大げさではありません。一度お金を借りると信用情報に登録されるという社会的な立場の変化だけでなく、心の弱い人の場合は一度借りてしまったがためにタガが外れて、お金を借り続ける人生を歩む可能性もなきにしもあらずなのです。

それだけお金を借りるということは重要な事柄であり、大事なことなのです。そんな重要事項であるお金を借りるということについて、私は何が事前に必要かを考えに考えました。そしてたどり着いた結論があります。

それは、情報、計画、パートナーの3つをしっかりおさえることです。

大切なことなので、もう一度言います。情報、計画、パートナーの3つです。これからその3つについてじっくりと解説していきますので、お金を借りることを検討している方はしっかりチェックしてみてください。

1. 情報

まず一つ目、そして最も重要といっても過言ではないもの、それが情報です。

お金を借りる際に情報がなかったらどうなるでしょうか?自分にとってより有利な条件で借りられたかもしれないのに、不利な条件で借りてしまうことになりかねません。しかも、情報がないがためにその事実にすら気づかないのです。これって怖いことだと思いませんか?知っているか知らないかだけで今後の人生が全く変わってくる可能性すらあるのです。

「金利が高くて返すときには数万円損している」

「知らないうちに身内や会社に連絡されていた」

「取り立てが厳しい闇金から借りてしまった」

などなど、少し考えただけでもありえるシチュエーションに陥ってしまうことは珍しいことではありません。むしろそのようなケースは世の中にありふれているぐらいです。これらは全て情報が足りないためにはまってしまう事態であり、しっかりとした情報を事前に把握していた人にはおこらないものです。

情報はいたるところにあります。しかし、どこにどう落ちているのか、それを正しく認識しているひとは一握りでしょう。

そんな人たちに何よりもまずおすすめしたいのが、インターネットで情報を調べることです。インターネットには裏情報を公開しているサイトや体験談、口コミなど生の情報がいたるところに転がっています。これから自らがとるであろうお金を借りるという行為について事前に体験した人たちの経験やアドバイスがたくさん詰まっているのです。

ただし、本当に有益な情報はすぐに見つかるものではありません。良質な情報を見分ける能力も必要になってきます。

そこで私たちは世の中にある情報から厳選して有益だと思われるものだけを集めた情報サイトを作りました。それが当サイトです。一般的な情報からあまり触れられないような濃い情報までできるだけ公開していきたいと思っています。もちろん現在はまだ準備できていない情報も数多くありますので、早い段階で多くの情報をお届けできるように努力していきます。

とにかく情報をおさえたものだけが得をする。これはぜひとも覚えておいてください。お金を借りたときにもし苦しむようなことがあったら、お金を借りる前に情報を調べきっていなかったのかもしれません。ふと思い出したら情報をしっかり集め直すことをオススメします。

間に合わないこともあるかもしれませんが、調べて損になることはありません。次回お金を借りる際にはよりいっそう有利な条件で借りられるよう、キャッシング情報マスターを目指しましょう。

2. 計画

次に大事なこと、それは計画です。

いくら情報を持っていたとしても、それに基づいた綿密な計画をたてることができなければ意味がありません。(もちろんその計画通りに行動する行動力も必要です。返済計画を各キャッシング会社と相談して決めるだけでなく、自ら事前に積極的な計画をしておくと有利にことを運ぶことができます。融資先からの提案だけで計画を立てると、のちのち後悔することにもなりかねませんのでそうならないためにも集めた情報をもとに自分にとって最適なプランを計画することが必要になってくるのです。

お金がないからといって返済計画を立てずにその場しのぎでお金を借りていくと、必ず失敗します。自転車操業になり、闇金に手を出し、といった流れはよくあります。しっかりとした無理のない返済計画を立てることができた時にのみお金を借りるようにしましょう。そういった心がけとプランニングが自らを助けるのです。

計画なくしてキャッシングなし。お金を借りる際にはこの言葉を是非肝に銘じてください。

なお、計画を立てる際には各社のウェブサイトをしっかりチェックすることをオススメします。キャッシング会社から借りるのですから、その会社の情報がそのままあなたのキャッシング生活に適用されます。わかりづらいところなど細かいところなどは直接聞くのが無難ですが、あらかたのことは公式サイトに記載されています。

その情報をきちんと把握した上でプランやシミュレーションを立てることが必要です。シミュレーションについては、各社のサイトで簡単におこなうことができます。まずは簡易的にシミュレーションを行い、大体の金額感やスケジュール感を把握しておきましょう。それが自らの意図したものとかけ離れているようであれば、一度借りることを考え直したほうがいいかもしれません。また、もっと有利なプランを別会社で探すことも重要になります。

情報と計画、これを頭に入れてプランニングに力を入れましょう。

3. パートナー

最後の1つ、それはパートナーです。

パートナーとは、お金を貸してくれる人、つまりキャッシング会社です。もちろんケースによってはキャッシング会社でなく、銀行、はたまた友人、家族などもありえるでしょう。(しかし完全に他者であるキャッシング会社からの融資でない場合、人間関係を壊すこともおおいにありえますので、極力しないことをおすすめします。お金を貸してくれる信頼できるパートナーを見つけることが、最後にして必ずおさえるべきポイントになります。

もしお金を貸してくれるパートナーが自らにとって不利益を被る関係だった場合どうなるでしょうか?トラブルの起きる可能性も高まり、金銭の貸し借り以上のストレスが降り掛かることになります。そのような事態をさけるためにも、集めた情報と自分にとって有利な計画にて契約してくれるパートナーを探しましょう。

各金融会社特色のあるプランを打ち出していますから、きっと自分のシチュエーションやニーズにあうパートナーが見つかるはずです。たとえば、ノーローンであれば、何度借りても1週間無利息になります。短期的な融資かつ1週間以内に必ず返せるめどがあるのであれば、これを利用しない手はありません。みすみす他社でのキャッシングで利息を払うようなことになるのはさけなければなりません。

金利の低さで言えば、オリックス銀行など銀行系のカードローンが最も金利が低く、長期的に見れば非常に有利になってきます。しかし、銀行系の審査は厳しいことが多く、きちんとした勤め先や信用情報が必要になってきます。

ここも自らのステータスや立場にあわせて存分に比較検討する必要があり、一概に一般的な情報をあてにしたパートナー選びをしてしまうことは大変危険なことであることをしっかりと認識しましょう。よいパートナー選びこそが充実した生活をもたらすことは間違いありません。きちんとパートナーを選んで、無理のない返済生活を過ごしましょう。

まとめ

以上が3つのポイント「情報」「計画」「パートナー」についてです。ご納得いただけましたでしょうか?これらのポイントに気をつけてお金を借りていくと、知らない人と比べてだいぶ差が出てきます。

もちろん人によっては腑に落ちないことや、もっと追加で必要なこともあるかと思いますが, そういったことについてもこれからじっくり解説していこうと考えておりますので、ぜひともご期待ください。

「お金を借りる前に」では3つの重要なポイントを軸に、サイトを訪れた皆様が迷うことがないよう、しっかりとした情報をお届けしていきます。

今後も情報を充実させていきますのでよろしくお願いします。

お金を借りられるキャッシング会社まとめ

お金を借りるときに考える借り先、キャッシング会社のまとめをご紹介します。

主要キャッシング会社一覧

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • レイク
  • ノーローン
  • モビット
  • オリックスVIPローンカード
  • セゾンカードローン
  • 楽天銀行カードローン

有名どころといえばアコム、プロミス、アイフル、レイク、モビットなどですが、 最近は銀行系のキャッシング、例えばオリックスVIPローンカード、楽天銀行などが 低金利と限度額の大きさを売りに存在感を増してきています。

各社特色がありますので、お金を借りる際には詳細をホームページで確認してみましょう。

さらなる詳細については当サイトの「会社紹介」からご確認ください。

ブラックリストって存在するの?お金を借りる際に記録、照会される個人信用情報

お金を借りる際に考えておきたいのが個人信用情報です。個人信用情報という言葉を聞いたことのある人は多いでしょうか? 簡単に説明しますと、お金を借りた際やクレジットカードを作った際などに記録される個人の信用記録のことです。

これはいくつかの会社が管理しており、クレジットカードの作成やローンの申し込みをした際にクレジットカード会社やキャッシング会社が照会を行います。 この情報をもとにお金を貸す貸さない、クレジットカードを発行する発行しないといった判断が行われるのです。

ですので、そういったお金に関する申し込みの際には必ず記録されますので注意が必要です。

個人信用情報はかなり細かく内容が記録されており、氏名、住所、年齢はもちろんのこと お金を借りたときにはどこの会社からどのぐらいの期間、いくら借りたかという情報までこと細かに書かれます。

これはどんどん積み重ねられていくため、過去に借金を滞納したり、大きな金額を借りた際に延滞したときにその情報は その人の人生として全て残っていきます。

一度信用を失うような行動をとってしまうと今後金銭に関する諸々の申請が通りづらくなったりしますので、 しっかりとした認識が必要です。

すべての活動が記録されている自覚のもと活動を行うことが大切です。

今後ローンで家を買うなど、単純にお金を借りるときとは違ったライフステージレベルの借金についても 過去の細かい金銭の情報が照会されます。

ローンの審査が通らないときにはそういった過去や現状の収入、家族構成などに問題があるかどうかだけではなく 以前の経済活動にも目を向けることが必要です。

過去の履歴は消せませんので、徐々に信頼を回復するためにもきちんとした信用を作るような行動を上積みしていかなくてはなりません。

さて、巷では「ブラックリスト」という言葉がよく使われますが、ブラックリストとはいったいなんなのでしょうか?

お金を借りすぎた人が返せなくなったときにブラックリストと呼ばれる共通のリストにのり、そのリストに載ってしまうと今後お金を借りることができなくなる、 そんなイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?

キャッシングをする際やカードを作る際にそのブラックリストが常に参照される、よく聞く話ですね。

しかし、これは全くの嘘です。

個人情報の観点から、多くの人を束ねたそのようなブラックリストが業界内で共有されるということはありません。

個人情報保護法により、そのような行為は禁止されております。

ではブラックリストのような言葉はなぜ出てくるのでしょうか?

それは、ある人が個人的にブラックという状況は個人信用情報によってわかってしまうため、 過去にあまりよくない借金問題をおこした人がその情報をもとに審査に落ちた経験などから 「ブラックリストに載っているから落ちたのではないか」などと勘違いをし それらが広まってまことしやかにブラックリストの存在が語られるようになったのではないでしょうか。

実際には個人の情報だけをもとに審査の判断はくだされますので、お金を借りる際にそのような 共有リストの存在を疑う必要はありません。

審査に通る信用のある人というのは、その人の履歴がしっかりしているからであり、 通らなかった場合にはその人がブラックだったということです。

ブラックを解消するためにはかなりの努力と時間が必要です。

一度そのような信用を失ってしまうと、そうそう簡単にそのような行動履歴を消すことはできません。

信頼を取り戻すためには地道な活動が必要になりますので、あせらずゆっくり着実に 信用を積み上げていきましょう。

くれぐれも突発的かつ必要のない、もしくは計画性のないキャッシングはやめましょう。

キャッシングなどでお金を借りてもしっかりと返しているという信頼性のある個人情報がある場合は 何の問題もありません。

計画性のあるキャッシングをおこなって、信頼性を上げていきましょう。

改正貸金業法 総量規制について

総量規制という言葉は業界内ではもうすっかりおなじみになっていますが、 一般的にはあまりなじみがないかもしれません。

簡単に言ってしまうと、お金を借りる際に上限が設けられたということです。

今まで審査の際に明確な基準がなかったのですが、 「年収の3分の1までしか融資できない」という基準が設定されています。

この法律は2010年6月に施行されました。

総量規制が行われる前までは主婦や学生、無職でもあまり厳しい審査がなく 簡単にお金を借りることができていましたが、 世の中に借金地獄に陥って自己破産する人が増えてきたため、 そういった人を救済する意味でこの法律が作られました。

そのため、この法律がスタートされてから各キャッシング会社は今まで 多く融資してきたような人に融資することができなくなり、 経営は悪化、統廃合などの業界の整理も進みました。

ではこの法律によって世の中はよくなったのでしょうか? 必ずしもそうとはいえないのが現状です。

今まで消費者金融でお金を借りていた人が借りれなくなってしまったため、 闇金などの非合法な組織でお金を借りる人が増えたということも報告されています。

総量規制によってしっかりと規制が入った分、 そのしわ寄せがきているところも確実にあります。

もちろん国によって上限が作られたため、どん底まで行くことなくセーブされて助かった人もいるのでしょうが、 そうでない人もいるということを忘れてはいけません。

法律は一長一短ですが、今後見直しが入ることもありえます。

注目していきたいところですね。

なお、現在の総量規制には実は裏道があります。

それは、銀行でのローンには総量規制が適用されないということです。

東京三菱UFJ銀行、新生銀行、オリックス銀行などなど、銀行であれば 総量規制が適用されないため、大きな額の融資を検討している人にとっては 銀行での融資が狙いめです。

インターネットでお金を借りる

今の時代パソコンやスマホなどからでも簡単にお金を借りることができます。

今までは店舗に来訪したりしなければならなかったのを、簡単にウェブから審査を行え、 融資までが当日に(即日融資)行えるまでになっています。

融資金額についても十分な融資を受けられ、もはや申し込みはインターネット端末 からというのが常識となっています。

各社パソコン用のウェブサイトだけでなくモバイル用の仕組みにも力を入れており、 スマホサイトはもちろんのこと、スマホ用アプリを出しているところも増えています。

スマホであれば出先にてちょっとお金が必要になったときに手軽に申し込め、 融資も近くのATMで受けられます。

スピードが求められる現代社会のニーズにマッチした新しいお金の借り方ではないでしょうか。

スマホからの申し込みは年々増加しているようです。

情報が充実しているだけでなく返済シミュレーションも高機能なものを提供していますので、 借りる前に事前に詳細なチェックが可能です。

無理な借り入れやスケジュールにならないよう、事前にしっかりとシミュレーションをして 有意義なキャッシング生活を送りましょう。

クレジットカードでのキャッシングについて

クレジットカードにキャッシング機能がついているのは皆さんご存知でしょうか?

しっかりとした使い方をしないと気づいたら借金が増えていた、なんてことにもなりかねませんが 契約したクレジットカードで簡単にキャッシングができるとなれば、いざというときに安心ですよね。

なにより毎回審査をうけずにキャッシングができる点が便利で、一度クレジットカードの審査に通ってしまえば 利用できますので、計画性に自信のある人は1枚のカードで資産の管理が可能です。

なお、クレジットカードによって金利などの条件はもちろん違いますので、 自分にとって利点の大きいキャッシングになるのかは事前に確認が必要です。

そこがクリアできるようであれば、1枚に集約したクレジットカード生活をしてみるのもいいかもしれません。

お金を借りたあとで

お金を借りたあとは何をすべきでしょうか?

お金を借りたことを常に頭の片隅に入れておき、 何にお金を使うにしても慎重に使うことが大事ではないでしょうか。

手元にお金があるからといって、自ら働いて手に入れたお金ではありません。

同じお金だとしても違う気持ちで持つという気持ちが大切です。

その気の持ちようがお金の使い方に違いを生み、 多くの借金を抱えるような生活に落ちないためのストッパーになってくれるのです。

お金を借りることでお金が増えることになりますが 何度借りてもその気持ちを忘れないように過ごすことが賢い人生を作る秘訣なのです。

お金を借りる前にはしっかり情報を調べ、借りた後は借りたことを認識して 全力で返済することに集中する。

そのサイクルを身体にしみ込ませることこそトラブルのないキャッシングを続けるコツです。

簡単にお金を借りる方法とは

お金を借りると言っても、全く経験が無い場合にはどうやって借りたらいいか分からないと思います。

お金を借りるには色々な方法がありますが、どんな状況でお金が必要なのかによって異なりますので、目的をしっかりと持つことが大切です。

お金を借りるには、銀行や信販会社もありますし消費者金融もあります。銀行は金利が低く返済額が少なくできると言うメリットがありますが、その分審査が厳しく借りにくくなっています。

消費者金融では審査が緩く即日融資が可能となっていますが、その分融資額が少なく金利が高くなってしまいます。

信販会社の場合はその中間と考えれば良いですが、どちらかと言えば銀行よりの感覚があります。

このように金融業機関によって特徴も違いますし、借りやすさも全く異なっているのです。

金利の低さでは銀行が魅力ですが、審査に時間が掛かるためすぐにお金を借りることは基本的に難しいと言えます。

銀行でもカードローンの場合は比較的借りやすくなっていますので、はじめてでも安心して利用することができます。

すぐにでもお金を借りる必要がある場合には、消費者金融を利用するのが最適だと言えます。

業者によっても異なりますが、ほとんどのところで即日審査が行われ、すぐに結果が分かりますので融資が可能になるまでの時間が短くなっています。

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでは、ATMから気軽に現金を引き出せますので、利便性の高さが特徴だと言えます。

色々な金融機関がありますが、お金を借りるための絶対的な条件は、定職についていることと、安定した収入があることになります。

銀行や信販会社の場合には、正社員として勤務していることが求められてきますが、消費者金融ではアルバイトやパートでも一定の収入があれば利用することができます。

無職の場合ではほとんどの金融機関で融資は受けられないため、アルバイトでもいいので仕事をして収入を得ることが大切になるのです。

FAQ/コラム/ブログ/会社紹介/体験談/初めての方/口コミ/比較/用語解説/豆知識/店舗&atm

プロミスの【新宿】店舗&atmでお金を借りる