金融機関などが提供しているキャッシングとは、個人に向けて低額のお金を貸出しすることです。

銀行が企業に融資する時に要求する連帯保証人や、土地や建物などの不動産担保を必要としないので手軽にお金を借りることができます。

マイカーローンやマイホームローンのようにお金を使う先が決められていないため使えるお金の自由度が高いことが特長になっています。

一般的に有名なキャッシングサービスはクレジットカード会社と消費者金融が提供しているものです。

クレジットカードは買い物をする時によく使われますが、クレジットカード会社から現金を借りることが出来るのです。

この時ショッピングで使われる利用可能枠をキャッシングと共通して使いますから残りの利用可能枠に注意しましょう。

もし残りの枠が不足していた場合はクレジットカード会社に増枠を申請したあと審査で許可が出れば利用できます。

もしくは現在使用中の枠の返済が完了するのを待ちます。

キャッシングの利用法はキャッシュカードとほとんど同じです。

カード会社が提携している銀行のATMやコンビニエンスストアで利用できます。

カード差込口にクレジットカードを差し込み、利用目的を選択後に引き出したい金額と暗証番号を入力するだけです。

返済方法はショッピングと同じく予定されている精算日に銀行口座から自動的に引き落とされます。

消費者金融が提供しているキャッシングはクレジットカードとは少し違う特徴があります。

クレジットカード会社は申込みに2週間以上かかることがありますが、消費者金融の場合即日に審査が完了してその日のうちにお金を借りることができるので、緊急にお金が必要な時に最適なサービスです。

返済については毎月一定額を支払う事になっており、銀行口座からの引き落とし、ATM、コンビニエンスストアで払い込むことができます。

また限度額がクレジットカードのキャッシングの利用可能額よりも多いことが特長でもあります。

キャッシング非常に便利ですから借り過ぎに注意して計画的に利用しましょう。