主婦が安心してお金を借りる場合の選択肢

何等かの事情で生活の資金が不足する事態というのはそれほど珍しいことではありません。

まだ社会に出たばかりの若者もそうですが、家庭に入っている主婦もまた例外なく資金不足に陥ることがあります。

資金不足に陥る事情は人それぞれですが、資金がないからと言って生活を止めるわけにいかないというのは共通しているでしょう。

近年では、こういう時に生活資金として使えるお金を借りることで苦境を乗り越える方も増えているそうです。

ところでいざお金を借りるとなったら、まずは利用する金融機関に融資の申し込みをして審査を受けなくてはなりません。

それほど難しい審査じゃないものの、必ずしも全ての人が審査に通過できるというわけでもありません。

審査時のスペックによっては審査に通過できず、お金を貸してもらえないこともあり得ます。

実はここでネックになりやすいのが主婦なんです。

特に収入を得ていない専業主婦の場合、そもそも収入がないのでお金を貸してもらえない可能性が高くなります。

これは特に消費者金融において顕著な傾向があります。

消費者金融には、利用者に対して貸し付けることが出来る金額の上限が定められています。

これは法律によって決められていることなので、消費者金融の自由意思によって変えることはできません。

そして、この上限金額というのが年収の3分の1までとなっているのです。

つまり年収があることが大前提の上限金額です。

さて、専業主婦の収入はというと、もちろんゼロです。

パート勤務をしている方ならまだしも、家事や育児に専念している方は収入がありません。

そこで消費者金融の前提を満たすことが出来ないという事情にぶち当たります。

もっとも最近の消費者金融は配偶者の同意が得られれば主婦に対しても融資を行うことが多いです。

でも配偶者に知られずにお金を借りたい場合には困ります。

その場合は銀行を利用するといいでしょう。

銀行は年収の3分の1という上限金額にとらわれません。

ですから当然収入がない方に対しても融資をしてくれます。

これなら主婦でも安心してお金を借りることが出来ます。