大学、短期大学、専門学校に進学するには、入学金や授業料だけでもかなりのお金が必要になります。学費は家計の大きな負担になることは特に珍しいことではありません。学費が用意できない場合は、奨学金や教育ローン、公的貸付、銀行ローンなどを利用する方法もありますが、学校によっては教育ローンや奨学金など独自の貸付を行っているところもあります。ここでは学校でお金を借りることについて紹介します。

教育ローン

学校独自のローンは、学費用として貸付するため入学金、授業料、教材費、実習費など、用途が限定されています。利用金額は自由に設定でき、ローンによっては入学金や授業料の支払いをローン会社から学校指定口座へ直接振り込むこともあります。返済方法は、在学中に少しずつ返済していき、卒業後に本格的に返済していくのが一般的です。在学中は月々の返済額を少なくすることも可能で、申し込み時に返済方法を選択します。

奨学金

学校で独自の奨学金制度を設けているところは意外と多く、成績が優秀な学生だけでなく、学業と人物ともに優れた学生、家計の急変で学業の継続が困難になった学生を対象に貸付を行っています。入試出願時に申請できる奨学金と、入学後に公募される奨学金があり、採用定員や奨学金額は学校によって異なります。奨学金の種類によっては返済義務のないものもあり、返済が必要なものであっても低金利で借りられるため、返済の負担が少なくてすみます。

教育ローンや奨学金は用途が限定されていることや、学生向けの貸付であるため、一般的なローンよりも低金利で借りられます。進学は学費だけでなく、一人暮らしをする場合は引っ越し代、家賃、生活費も必要になります。家計がピンチの場合は教育ローンや奨学金制度を賢く利用する方法を前向きに検討するとよいでしょう。