借金、という言葉に身構えてしまう人も少なくありません。

ですがどうしても必要なこともありますし、迷っているうちに欲しいものが売りきれ、値上がりすることだってあります。

増税も避けられそうもありません。

そう考えるとお金を借りるというのはそうそう悪いことばかりではないのです。

だからこそ、昔からある取引なのだとも言えます。

とは言っても借りたものは返さなければなりません。

基本的に、借金には利息というものがつきます。

たいていは借りた金額の何%と設定されていますから、借りた金額が多ければ多いほど、返済期間が長ければ長いほど、利息は膨らんでいきます。

何千万も借りて、何十年もかけて返すことが前提の住宅ローンの利息はかなりの金額になるのもそのためです。

とはいえ日本中で気軽に行われている借金という行為は、そんな大きなものばかりではありません。

冠婚葬祭が重なった、給料日前でピンチ、という人は数万円を借りれば済むことです。

そして給料が入ればすぐに返せるわけですから、利息は数百円ということもよくあります。

中には深夜のコンビニATMの手数料より利息のほうが安いから、と言う理由で気軽にキャッシングする人も少なくありません。

終電を逃した時等は確かに便利と言えます。

こうした気軽な借金の利息は消費者金融が低金利の競争をしたこともあって、今はかなり安くなりました。

さらにこうした人にとってもっと便利になるようにと、無利息というサービスまで登場しました。

1週間、一か月、最初の借入時だけなどの制限がありますが、この制限も徐々に緩くなってきている傾向があります。

無利息ならちょっとお金が足りないと言う時に、コンビニのATMを使うよりずっとお得です。

もちろん借金は借金ですから、無計画に適当に借りていては後々困ることもあります。

ですがむやみに怖がっていては可能性をつぶしてしまうこともあるのです。

計画的に、冷静に使えば人生を楽しむ手助けになるものなのです。