銀行からお金を借りるのは恥ではありません

人間、生きていく為にはどうしてもお金が必要です。

生きがいとか生業といった言葉で仕事を自分の「義務」と考え頑張って生きていくのですが、本当は生活する為でありその生活を成り立たせるお金を得る為なのです。

お金の為に働く、という表現だと何だかかっこ悪い感じがしますが現実はそうです。

ですのでお金に固執するのは恥ずかしい事でも無いですし、そうは見えない周囲の人たちもだいたいはそんな感じなのです。

 そうして仕事で稼ぎながら生きていくと稼ぎ以上のお金が必要な局面が訪れます。

そうした場合、我慢出来るものは我慢しますがそうもいかないケースが出てきます。

そういう時にお金を借りるという事に辿りつきます。

借りるにはいろんなやり方があります。

例えば親や親族、また場合によっては勤務先から出来るケースもあるようです。

しかしお金を借りるという行為はとてもデリケートな事で、出来る事なら知られたくないような事でもあります。

そんな時に銀行や消費者金融に借りる事に辿りつきます。

 消費者金融は銀行よりは敷居が低いのが特徴です。

しかしその分利息も高くついてしまうので注意が必要です。

銀行は消費者金融に比べれば利息は低めですが、敷居が若干高いのが特徴です。

ですが利息が安いのは魅力ですし、何より銀行という事で安心感があるのが良いところです。

 銀行であれ消費者金融であれ借金ですから少しは抵抗があるかもしれませんが、あまり気にする必要は無いのです。

銀行そのものは個人や法人にお金を貸してそれから得られる利息が収益になっています。

つまり貸せば貸すほど入ってくる利息は増える訳で、一般企業の視点だと売り上げや利益の見込みが増える、という事になります。

銀行側からすれば貸す事が仕事そのものなので遠慮なく借りるべきです。

 借金は最初に計画をきちん立てて返済を管理する事が出来ればまったく問題の無い事なので、銀行からお金を借りる行為は恥でも何でもないのです。