銀行や信用金庫などの金融機関が行う融資は、事業性と非事業性に大別されます。

事業性とは文字通り事業のためのものであって、運転資金、設備資金、決算資金などの資金使途のための融資であって、借入をするのは事業法人や個人事業主になります。

非事業性とは消費性とも呼ばれるもので、借入をするのは基本的には個人になります。

住宅ローン、カードローン、オートローン、教育ローンなどの個人的な使途に対する融資が該当します。

借入の方法としては、金銭消費貸借契約書による証書借入、手形借入、当座貸越などがあります。

住宅ローンやオートローンは一般的には証書借入になります。

企業が借入をする事業性の借入では、設備の借入のような長期の借入は一般的に証書借入になります。

運転資金や決算資金などの短期の借入は手形借入や当座貸越が一般的です。

個人のカードローンは当座貸越になっています。

更には、担保の有無によって、有担保借入と無担保借入に分けられます。

カードローンは無担保借入に該当し、住宅ローンは自宅を担保にしますので有担保借入になります。

その他の種類分けとして、固定金利融資と変動金利融資の区別があります。

文字通り金利が固定であるか変動であるかの違いによって分けられます。

このような分け方で定義付けすると、住宅ローンは非事業性の有担保借入であって、借入の方法としては証書借入となり、金利は固定金利と変動金利から選択するということになります。

銀行や信用金庫の融資は、信用創造と呼ばれます。

融資した資金が使われて、それが預金となって市場に出て行くことを言います。

住宅ローンの借入金はハウスメーカーに支払われ、ハウスメーカーの預金になります。

そこからハウスメーカーの社員に給料が支払われることによって、社員の預金になります。

社員がそのお金を使ってスーパーで買い物をすると、そのお金はスーパーの預金になります。

このように融資は流通するお金を創造するものなのです。