銀行?銀行系?その違いと賢い使い方

お金を借りる際によく、「○○銀行カードローン」と「××銀行系カードローン」の2つの名前を聞きますよね。
一見すると似た者同士ですが、実は結構大きな違いがあり、それぞれ特有のメリットがあるのです。
知っていた人も知らなかった人も、ここで今一度確認しておきましょう。

銀行キャッシングと銀行系キャッシングの最大の違いは、お金を貸してくれる主が異なるところにあります。
銀行キャッシングでは、銀行から直接お金を借りることができます。
一方の銀行系キャッシングでは、銀行が出資している消費者金融からお金を借りることになります。つまり、ここでは実際にお金を借りるとき銀行は関与していないのです。

「なんだ、たかがこれだけの違いか」と思ったみなさん!
ここからがとても重要です。
お金を貸してくれる主の違いは、お金を借りる際の審査基準や金利などを大きく左右するのです。

銀行キャッシングの強みは2つ、「総量規制の対象外である」ことと「金利が安い」ことが挙げられます。

まず、総量規制とは年収の総額の3分の1までしかお金を借りることができないという貸金業法にある規制のことを指します。
しかし、貸金業の名の通り、これは消費者金融でお金を借りる場合のみに適用されるので、銀行系キャッシングではお金を借りられる限度額が決まってしまいますが、銀行から直接お金を借りる際には総量規制の対象外ということになります。
そのため、高額であってもお金を借りることができます。
もう一つの金利の安さについて、銀行キャッシングの場合ではおまとめローンなどのサービスがあることからも伺えるように、消費者金融よりも年利が低い場合が多いです。
これは、お金を借りる身としては本当に嬉しい限りですね。

次に、銀行系キャッシングでは、「お金を借りるまでの審査が簡単」で、「融資のスピードも早い」という利点があります。

銀行系キャッシングでは、審査がしやすく通りやすいという条件が顧客獲得の上で重要になってきます。
そのため、この点に関しては各社それぞれが様々な工夫を凝らしています。
銀行キャッシングは、高額のお金を借りられ、かつ年利が低いとなると審査の厳しさは否めません。
申し込みの段階で、年収の制限があるところもあるほどです。
審査が厳しいというのは利用者にとってもプレッシャーになりますよね。
さらに、審査の厳しさはイコール融資のスピードに直結します。
銀行キャッシングは審査の厳しさからその結果が出るまでに時間がかかってしまいますが、銀行系キャッシングでは場合によっては即日融資も可能なほどスピーディーにお金を借りることができます。

このように、ただ一つの違いでもそのメリットは全く異なってきます。
自身が今求めたい条件を絞っていくことで、どこでお金を借りるべきかが見えてきそうです。
お金を借りる際には、ぜひ、このことも参考にしてみてください。