キャッシングはやばい?借金地獄にならないためにできること

キャッシングはやばい・・・という声がありますが、なぜでしょうか。キャッシングはお金が必要な時に借りられる便利なサービスです。

家計が苦しかったり、職場の同僚とのランチ、美容院やエステなど様々な理由でお金が足りなくてキャッシングに頼ることだってあるでしょう。ですが、使い方を誤ってしまうと大変なことになります。

今日は借金地獄にならないためにできることについて考えてみましょう。

キャッシング=怖いではない

キャッシングというと、世間では怖い、破滅などマイナスの事のように受け止める人がいます。確かにキャッシングは借金ではありますが、ローンも同じです。キャッシングもローンも単にお金を借りて返すことには変わりがありません。

キャッシングが怖いというのは、お金を借りる行為そのものではなく使い方を間違ってしまうことで困った状況になりかねないということです。キャッシングは計画的な利用を心がければ決して怖くはありません。

借金地獄にならないためにできること

お金を借りると借入額に対して利息がつきます。つまり返済時に借りた金額よりも多くの金額を返すことになります。気軽に借りられるからと無理にキャッシングしてしまうと、返済能力を超えてしまい返済ができなくなってしまい、場合によっては債務整理をしなければならなくなります。

キャッシングをするのであれば、借入れが長期化しないようできるだけ短期間で完済することです。入念に返済計画を立てて返済日にきちんと返します。手持ちに余裕があれば繰り上げ返済をします。繰り上げ返済をすればその分利息も減っていきます。

借りすぎないこと

キャッシングには利用限度額があり、限度額の範囲内であれば何度でも借入れ可能です。

借金地獄に陥ってしまう方でよくありがちなのが、限度額が自分の貯金だと勘違いしてしまうことです。借入時の審査で返済能力を元に限度額が決まりますが、限度額まで借りてしまうと返済時に大きな負担になってしまいかねません。

あくまでも自分が確実に返せる分だけを借りる方が返済できなくなることを避けられます。つい借りすぎてしまわないよう注意しましょう。

キャッシングは上手に活用すれば生活のやりくりや急な用立てなどに役立ちます。しかし、使い方によっては負になって破綻してしまう危険なものにもなります。借金地獄で辛い思いをしないためにも、借りすぎには十分に注意して計画的な利用を心がけましょう。