8_img-143

職場にはキャッシングしていることを絶対に知られたくないですよね。上司や同僚にバレてしまったら非常に困ることもあるのではないでしょうか。しかし、キャッシングを申し込むと、基本的に審査は避けて通ることはできません。

そこで今回は在籍確認について分かりやすく解説したいと思います。

在籍確認とは

キャッシングすると審査として在籍確認が行われます。在籍確認とは「申し込んだ人が申告した勤務先で本当に働いているか?」を確かめるために行われるものです。職場に電話をかけないでほしい!と思うかもしれませんが、原則として在籍確認は行われます。

電話で何を確認するの?

在籍確認では、申込みで記入した氏名、住所、電話番号、勤務先などが本当に間違っていないかを確認します。ですが、気になるのは「職場に電話がかかってきたらバレるのでは?」ということですよね。

結論から言うと、在籍確認の電話だと職場にバレる心配はほとんどありません。では、なぜバレる心配がないでしょうか。

不在でも大丈夫

キャッシング会社は、申込者の職場に個人名で電話をかけます。と言うのも、貸金業法で「契約者以外の第三者に契約の事実を伝えてはならない」という決まりがあります。

なので、キャッシング会社としても申込者のプライバシーには非常に慎重になるので職場にバレる心配がないというわけです。

もしも、電話をかけたときにあなたが外出していたり離席していたとしても、第三者に知られるような確認方法は絶対にとりません。キャッシング担当者は、「あらためて電話します」などと言って電話を切ります。

仮にあなたが不在だったとしても電話を受けた人が「外出しています」「席を外しています」などと答えればあなたが勤務しているという事実が分かります。

あなたが休んでいた場合は、「休んでいます」だけでは本当に勤務しているかどうか分からないので、キャッシング担当者は「次はいつご出勤ですか?」と尋ねます。「○曜日です」などという返答が取れれば、在籍確認は終了です。

お金を借りていることを職場に上司に知られたくないというOLさんや主婦の方は、安心してキャッシングできることはお分かりいただけたかと思います。

どうしても職場に電話をかけてほしくない!という場合は、契約時に健康保険証、給与明細などその会社で働いていることを証明できる書類を提出すれば在籍確認を回避できることもあります。審査に融通が利く消費者金融を探してみるのもよいでしょう。