12_img-53

カードローンの審査で必ず通過しなければならない「在籍確認」。在籍確認とは、申込みの際に申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するために行われます。ですが、自分の職場にカードローン会社から電話が入るのは抵抗があるというのが本音ではないでしょうか。

上司や同僚にバレたらどうしよう・・・って思うのは当然ですよね。そこで今日は在籍確認がどのように行われるか紹介しましょう。

どのように電話をかけてくる?

在籍確認では、消費者金融の担当者が自身の個人名を名乗って電話をかけます。社名を名乗ることはまずありません。銀行系カードローンでは銀行名を名乗りますが、申込者からの要望があれば担当者の個人名を名乗る場合もあるようです。

いずれにしても借金の件で在籍確認をしているとは決して言わないので職場に知られることはありません。

審査について

申込者本人が電話に出れば、確認が取れるので在籍確認は完了です。申込者が離席中だったり外出していた場合、電話に出た人が「離席中です」「外出しています」などと答えれば在籍していることが分かるので、これで確認がとれたことになります。

ですが、電話に出た人が「弊社には○○という者はおりません」と答えてしまうと勤務していないことになり、審査NGとなってしまいます。他にも、会社の電話がつながらなかったり、休日などで誰も電話に出ない場合などは在籍していることが分からないため審査NGとなります。

会社の休日はあらかじめカードローン会社に伝えておくとよいでしょう。

バレそうになったら?

カードローン会社は職場に知られないよう配慮して電話をかけてくれますが、職場にキャッシング経験者が多かったり、勘が良い従業員がいると、「もしかして在籍確認?」と思われてしまうかもしれません。

そんなときは、事前に「クレジットカードを作った」「自動車ローンを組んだから」など周囲にそれとなく言っておくと不自然な感じはしないでしょう。正直に「在籍確認の電話がかかってくる」と言っておくのも一つの方法です。

それでも在籍確認の電話を職場にかけでほしくない!という場合は、書類だけで在籍確認の審査を行ってくれるカードローン会社を探すことを検討してみてもよいでしょう。

カードローン会社は申込者のプライバシーを守ってくれるのでバレるんじゃないかとそこまで心配する必要はありません。これなら安心して申し込めますね。