カードローン地獄で悩む貴女へ。浪費癖を改善するには

ついついやってしまがちな浪費。欲しいものがあるとすぐに買ってしまう、自分へのご褒美にと高価な品を買い、後々で後悔してしまっている人もいるでしょう。

欲望を抑えられずに借金をしてまで浪費し、カードローン地獄に苦しむ女性は少なくありません。そんな浪費癖を改善することはできるのでしょうか。

浪費をしてしまう原因

現代社会はストレスの塊といっても過言ではありません。生き抜くためにそれぞれが独自でストレスを発散していると思いますが、なかには欲望にまかせてお金を使うことでストレスを発散している人もいます。

他人からよくみられたいという欲望から高価なブランド品を身につけたり、頻繁に旅行に行くなど身の丈にあわない生活をして無駄使いをするケースもあります。習慣になった生活スタイルを変えるのは難しいことです。

浪費することが当たり前になると、本気で痛い目をみる、大きなショックを受けるなどがない限り、なかなか自分を変えるのは厳しいでしょう。

浪費癖を改善するには

浪費癖は習慣づいているため、しっかりと自分を見つめなおすところから始めなければなりません。浪費癖を治療するには、趣味をみつけることが必要です。趣味に没頭することでストレスを発散し無駄遣いを減らすのです。

趣味をみつけようと身構えすぎるのはよくありません。飽きたらやめればいいくらいの軽い気持ちで始めてみることです。

また、浪費をしなくてすむよう生活環境を整えることも大切です。財布には必要最小限のお金しか入れない、クレジットカードを持ち歩かない、ショッピングには浪費を止めてくれる人と行く、買い物リスト以外の物を買わないなど、欲望にまかせて買わないように対策をしておきます。

家族や友人など監視してくれる人がいるとさらによいでしょう。

専門家のカウンセリングを受ける

浪費癖は精神的な病でもあります。どうしてもやめられない、うつ病も患っているという方は自分で改善するのは難しいでしょう。その場合は専門家のカウンセリングを受けることがおすすめです。

心をケアすることで生い立ちを振り返る、日常生活を見直すなど、根本から治療するのです。病院やクリニックによって治療内容が異なるので自分に合う医療機関を受診しましょう。

浪費癖があると、いつまでたってもお金を貯められません。就職、結婚、出産など人生のあらゆるステージで金銭面のことで悩むことにもなるでしょう。浪費癖があるのでは?と気がついたら、早めに改善または治療しましょうね。