パートで働く主婦のためのカードローンの選び方

「パート収入しかないけれどカードローンを利用したい」という主婦の方って少なくないですよね。ちょっと収入があったとしても家計のやりくりは大変ですよね。今日はそんな主婦のためにカードローンの選び方を紹介しましょう。

どこから借りる?

パートで働く主婦の方が申し込めるローンは、銀行のカードローン、消費者金融のカードローン、信販会社のカードローンの3種類があります。銀行ではパートやアルバイトで働く主婦にも融資を行っており、消費者金融や信販会社と比べて利息が低く融資額が大きいなど使い勝手が良いのが特徴です。

これに対し、消費者金融は銀行よりも気軽に利用できるのが特徴で、審査がスピーディで申し込んだ当日中にキャッシングすることもできます。さらに銀行系消費者金融であれば銀行に近い条件で融資を受けられるところもあり、会員サービスも充実しています。

信販会社のカードローンは、アルバイトやパート、派遣社員の方でも比較的低めの利息で貸付条件が良い融資も充実していて敷居も高くないので利用しやすいでしょう。

審査は大丈夫?

パートで働く主婦にとって気がかりなのは審査ですよね。月に数万円程度の収入しかないという方も多いでしょう。確かに審査では収入額は重要で安定した収入がなければ審査に落ちることだってあります。ですが、主婦の場合は「配偶者も働いていれば返済能力につながる」と判断されることもあります。

信用情報に特に問題がなく、勤続年数もあって安定性があると審査で見なされればそれほど心配する必要はないでしょう。

限度額

ローンには利用限度額が設定され、その範囲内であれば何度でも自由に借入れができます。つまり、利用限度額が借りられる最大限の金額ということです。

消費者金融や信販会社の借入れは総量規制の関係で年収の3分の1までと定められています。銀行は銀行法によって営業していて貸金業法の対象外となります。

審査で利用限度額を決めますが、必ずしもたくさん貸してくれるというわけではありません。最初は借入れ実績がないので利用限度額は少なめになることがほとんどです。利用実績を積んでいけば限度額も増えていきます。

いかがでしたか。主婦でも利用できるカードローンは意外と多いことがお分かりいただけたと思います。自分にぴったりなローン選びはとっても大切です。返済シミュレーションツールなどを活用して複数のローンを比較してみるのもオススメですよ。