9_img-61

主婦だってママ友との付き合い、おしゃれなど何かとお金が必要なことってありますよね。働く女性ですと、給料日前なのに飲み会やデートが重なってお金が足りない!なんてことだってあることでしょう。

そんなお金に困っているときに役立つキャッシングですが、金利、返済など何かと気がかりなことがありますよね。なかでも、彼氏や夫にバレるんじゃないか?と心配する方が多いようです。

郵便物でバレる?

キャッシングが彼氏や夫にバレるので最も多いのは郵便物です。キャッシング会社からのハガキや封書は本人宛に親展〒で届き、外側からはキャッシング会社からとは分かりませんが、中身を見ればキャッシング会社からの郵便物であることは一目瞭然です。

キャッシングを契約すると、ローンカードと契約書類一式が自宅に郵送されます。郵便物をあなたが確実に受け取れるのであればよいですが、彼氏や家族が受け取る可能性がある場合は、自宅に郵便物が届かないようにしておくことです。

カードの受け取り

ローンカードは郵送だけでなく、直接店舗又は無人契約機に行くことでも受け取ることができます。近くに店舗や無人契約機がない場合は、郵便局留めにしてもらうという方法もあります。

しかし、郵便局留めにしてしまうとすべての郵便が自宅に配送されなくなりますし、不在通知を出さなければならないので少し手間がかかります。どうしてもという場合は利用を検討してもよいかもしれません。

また、キャッシングすると利用明細が自宅に届きますが、こちらも郵送ではなくWEB明細で確認できるようにしておくと安心です。

返済の延滞

返済期日を過ぎても支払いがない場合、キャッシング会社はあらゆる方法であなたと連絡をとり、返済が遅れている旨を知らせようとします。

最初は利用者本人の携帯電話に連絡が入りますが、電話を無視していると自宅や勤務先などに電話がかかります。それでも対応しないでいると、自宅に「返済勧告書」や「督促状」などの郵便物が届くようになります。

このときの郵便物も一見するとキャッシング会社とは分からないように送ってはくれますが、さすがに彼氏や夫は不審に思うことでしょう。

万が一、返済が遅れてしまった場合は、速やかにキャッシング会社に連絡することです。また、キャッシング会社から電話があったら無視をしないできちんとかけ直すようにしましょう。郵便物にちょっと気をつけて返済期限を守ればバレることはほぼないので安心できるでしょう。