13_img-122

「ショッピングに夢中になりすぎてカードの返済が滞っている」なんて女子はいませんか。返済できずにいると、給与差押えという事態に至ることだってあります。

給与差押えとなると、自分が借金を抱えていることが会社に知られることになります。もし会社に借金がバレたらどうなってしまうのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

会社をクビになる?

結論から言うと、会社に借金がバレたとしてもよほどのことがない限りは懲戒解雇にはなりません。というのも、借金を理由に従業員を解雇するのは不当解雇にあたると労働基準法で定められているからです。

ただ、もしも社長に言われて自ら辞表を書いて会社に提出してしまうと、解雇ではなく自主退職ということになります。

従業員の借金で給与差押えとなった程度では会社に重大な不利益をもたらしたとは言えません。なので、借金が理由で退職してほしいという状況になったとしても、「私生活における借金は仕事とは無関係です」と会社に伝えればよいでしょう。

場合によってはクビになることも

しかし、絶対にクビにならないとは言えない部分もあります。例えば、闇金業者からお金を借りていた場合、職場に執拗に取り立ての電話がかかってきたり、職場に直接出向いてくるなど業務妨害にあたる行為を会社が受けることがあります。

いきなり職場にきて取り立てをしたり、執拗に電話をかけてくるのは違法ではありますが、悪質な闇金業者であれば違法行為を行うことだってありえます。会社にそういった悪質業者との関わりがあることが知られてしまうと、それは合理的な解雇理由と見なされるのでクビになる可能性だってあるでしょう。

バレることのデメリットとは

借金を理由に解雇するのは不当ではありますが、やはり、職場に借金をしていることを知られると周囲からの目線は変化してしまうことでしょう。

表立っては言わないでしょうが「借金を返済できない人」と思われる、これまで築いてきた信用が崩れてしまう、人事評価が下がり昇進しにくくなるなど何かしらの影響が出ることだってあるかもしれません。

また、借金がバレたことが原因で何となく会社にいづらくなってしまうことにもなるでしょう。やはり、会社に借金がバレるとそれなりの不利益が生じてしまうことは避けられないかもしれません。

もしも返済が滞っているなら、自らカードローン会社に電話をして返済が厳しい旨を伝えることです。返済額は減りませんがそれなりの対応はしてもらえるはずです。返済する努力は怠らないようにしましょうね。