14_img-111

彼氏とのデート、飲み会、ショッピングなど女性は何かとお金が必要ですよね。最近ではキャッシングする女子も増えていて、給料日前や急な出費がある時などに利用しているようです。

ですが、気になるのは借金が親バレしないか?ということ。親と同居している方だと特に心配になるのではないでしょうか。

キャッシングは親バレする?

キャッシングしていることは親には絶対に知られたくないですよね。そんなあなたが気になるのは契約時にバレないか?ということ。消費者金融も銀行も申込者が20歳以上であれば親に連絡をして契約の同意を得るということはしていないので知られることはありません。

また、契約時に「自宅へは連絡しないでほしい」「郵送物は送らないでほしい」などと伝えておけば、自宅連絡はありませんし、郵便物も自宅に届かないよう配慮してくれるはずです。

連絡先

申込みのときに、連絡先に自宅の電話番号を記入してしまうと自宅に電話がかかってくることがあります。自分の電話番号を記入すれば自宅に電話がかかることはありません。

もし、自宅で親と自営業という場合は勤務先の電話は自宅や事務所の固定電話となり、在籍確認の電話に親が出る可能性もあります。そんなときは「営業電話じゃない?」などと上手くごまかすようにしましょう。

郵送物

キャッシングすると利用明細が郵送されます。封筒にはキャッシング会社の名前は書かれていませんが、親が勝手に中身を開くことだって予想されます。なので、WEB明細を利用すれば自宅には郵便物は届きません。

最近ではすべてWEB完結で利用できるキャッシングも増えていますし、ローンカードを自動契約機にて発行してもらうことだってできます。

親にバレないように電話も郵便物もきちんと対策したとしても、返済が滞ってしまうと利用がバレてしまうことがあります。

返済が遅れたままになっていると最初は連絡先である携帯電話に電話がかかってきますが、それを無視していると自宅に督促状が届きます。督促状の封筒も一見するとカードローン会社からとは分からないようにはなっていますが、普段届かない郵便物が届いたことで親が不審に思うことだってあるかもしれません。

延滞してしまうと、利息とは別に遅延損害金が発生するのでさらに返済負担が大きくなってしまいますし良いことは何一つありません。キャッシングをするなら返済は遅れないように計画的な利用を心がけていきましょうね。