借金がある彼氏との結婚はどうする?見極める方法ってある?

結婚を考えている彼氏に借金があることが発覚したとき、あなたならどうしますか。別れるか彼を支えるかで悩むことでしょう。今回は借金のある彼氏との結婚をしてもいいのか見極める方法について説明します。

借金がある人との結婚

結婚は愛と言っていられるのは最初だけです。結婚は生活であり、生活していくためにはお金が必要です。借金がある人との結婚は、頑張った働いたあなたの給料が相手の返済に注ぎ込まれることにもなりかねません。それでも一緒に生活できるのか冷静になって考える必要があります。

借金の理由

借金の理由が奨学金や学費であれば利息も低く、家庭の経済的な事情ということもあり、それほど問題はないかもしれませんが、ギャンブルや旅行、車など自分の欲望を満たすための借金であれば結婚は考え直したほうがよいでしょう。なぜなら、家庭よりも自分の欲望を優先させるので、幸せな家庭を築くことは到底できないからです。

子供が生まれるのに育児用品が買えない、学費も払えないでは、将来的に離婚を選択することにもなりかねません。

結婚したからといって返済義務はない

仮に借金がある彼と結婚したからといっても、あくまでも返済義務は借金をした本人です。妻が肩代わりをする必要はありません。本人に自分自身で借金を返すという自覚があるかどうかは確認しておくべきです。

というのも、「妻が返済を手伝ってくれる」と期待する人もいるからです。妻の稼ぎをあてにする男性に尽くしてしまうと、搾取されてボロボロになってしまいます。彼の借金返済に対する姿勢によっては結婚を考え直したほうがよいでしょう。

こんなケースはNG

過去に借金を踏み倒したことがある、返済する気がないもしくは誰かに肩代わりしてもらおうとする、借金について正直に話してくれない、ギャンブル依存症になっているなどの様子がみられたら、別れる決断を視野に入れたほうがいいかもしれません。

自分の借金に対して「何とかなるだろう」という甘い考え、都合の悪いことを回避する姿勢の相手であれば、今後の借金に対する意識も変わることは望めません。

借金癖や浪費癖のある人と結婚すると、妻がどんなに家計のやりくりを頑張ったとしてもお金を貯めることすらできない恐れがあります。それでも借金がある彼氏との結婚を決意するなら、結婚前に借金は完済する、二度と借金しないよう婚前契約書を交わすなど、何かしらの対策をとっておくほうがベターでしょう。