17_img-27

「キャッシングの審査に申し込んだけれど、落ちてしまった」という経験はありませんか。金欠だけど彼氏とデートの約束があるのに断られてしまったとなると本当に困りますよね。ローン審査に通らないのはどのような理由があるのでしょうか。

信用情報に問題がある

信用情報とは、クレジットカードやローンの申込履歴や利用履歴のことで、信用情報機関で記録されています。キャッシングの審査で落ちる理由で最も多いのは、信用情報に何かしらの問題があることです。

信用情報に事故登録があるとまず審査に通ることはありません。ここでの事故とは金融事故のことで自己破産や任意整理などを指します。他にも延滞を繰り返していたり、短期間に複数のローン会社に申し込んでいると審査にマイナスとなります。

総量規制を超えてしまっている

貸金業者が貸付けできるのは年収の3分の1までと総量規制で定められています。すでに他社で年収の3分の1まで借りている場合は融資を受けることはできません。申込みのときに嘘をついても信用情報を確認すれば他社から合計いくら借りているかはすぐに分かります。

属性が弱い

審査では申込者の属性、例えば、派遣社員で勤続1か月、賃貸アパートでの居住3か月、固定電話なし、年収150万・・・などを確認します。これらの属性が審査基準を満たしていないと「安定性が低い」「返済能力が低い」とみなされてしまいます。

審査基準をクリアしなければどんなに望んでもカード発行に至ることはありません。安定した収入があることだけでなく、勤続年数、居住年数、年収なども重視な項目については日頃から高めておくのが理想です。

支払い能力が大切

お金を貸す側としてはきちんと返済してくれる人に貸したいと思うのは当然のことです。審査においても返済能力の有無は重要視しています。キャッシングやカードローンの申込み条件にもあるように「安定した収入がある」ことは必須条件です。

多くの場合、月1回以上の定期収入があることが基準となるケースが多いようで、単発や日雇いのアルバイトの場合、どうしても審査に影響する可能性があります。

ローン審査に通らない理由はいくつか考えられます。ご自身の現状を今一度確認し、もし問題点があれば改善することでこれまで通らなかった審査に通過できるようになることでしょう。借りられないと諦めてしまう前にできることから始めてみてはいかがでしょうか