借金するまでギャンブルにはまってしまう女性たち

何となくパチンコ屋さんに行ってしまう・・・なんて経験はありませんか。適度に楽しむのは問題ありませんが、のめり込んでしまうと結果として依存症になってしまうことだってあります。

借金してまでギャンブルにはまるのは男性のイメージがありますが、決してそうではありません。主婦など女性のほうが依存症になることがあるのです。

女性がパチンコをする理由とは

現代女性は、仕事、家事、育児、夫、お金などさまざまなストレスを抱えていますよね。例えば、ストレスがいっぱいの状態でパチンコなどを体験し大当たりするとストレスが解消するくらいスッキリ感を味わえます。すると、その時の興奮や快感が忘れられなくなります。

負けても挫折があるから勝ったときの喜びが倍になると思うようになり、抜け出すことのできないサイクルに陥ってしまうのです。

借金してでもギャンブルしたい

家計をがっちり握っている人がギャンブルにはまると、貯金を食いつぶしてしまうことだって珍しくありません。キャッシング等で借りてでも「勝てば借金はチャラになって儲かる」と信じて疑わなくなります。

頭の中はギャンブルで勝つことでいっぱいになり、常にイライラして家族や周囲に八つ当たりすることだってあるでしょう。ここまでくると依存状態になるので、抜け出さない限り本人も周りも苦しむことになります。

依存から抜け出すには

まずはストレスの根源を見つめましょう。そして、ギャンブルを辞めるという強い意思を持ち、ギャンブルをする場所に行かないことです。

次に趣味を持つ、資格試験の勉強など何か没頭できることを探します。夢中になれるものがあるとストレス発散となり、ギャンブルから離れやすくなるでしょう。一人で抜け出せないときは病院治療に頼ることもおすすめです。

病院によっては女性スタッフが対応してくれるところもあります。リラックスした環境で治療を受けられるので依存から抜け出すことができます。

借金を整理する

借金総額が多くて返済ができそうにない場合は債務整理を検討しましょう。弁護士や司法書士に相談し、手続きを進めていくとよいでしょう。これ以上借金をしないためにも収入の範囲内で生活する習慣を身につけることも重要です。

借金は繰り返してしまいがちなのできちんと自分を見つめ直し、もう借金しないよう改善していきましょう。

ギャンブルにはまってしまうと人生において良いことは何もありません。ストレス発散のはけ口にしないようにしてくださいね。