ギャンブルによる借金返済。返済しなければならないの?

パチンコ、競馬、オートレース・・・世の中にはギャンブルがあふれています。キャンブルは快楽と運が良ければ金銭や物品などを手にすることができる遊びの一種で、リスクがあるドキドキ感がやみつきになり、ハマってしまう人がいます。

ギャンブルで資金がなくなれば借金をしてでも続ける人も多く、ギャンブルと借金との関係性は切っても切れません。ギャンブルで作った借金が返せなくなったときにできることはあるのでしょうか。

返済の必要性がないギャンブル

ギャンブルといっても種類はさまざまです。違法カジノやマージャン賭博などで追った借金は、ギャンブルそのものが違法です。違法なギャンブルで作った借金は基本的には返済する必要はありません。

違法ギャンブルのお店では、お店が負けそうな客に対してお金を貸し付ける、負けた分を相手の借りにしてギャンブルを続けさせることが多くあります。こういった状況で作ってしまった借金は返済する義務はありません。

ですが、消費者金融などで借りたお金でギャンブルをした場合は返済しなければなりません。返済の必要性がないギャンブルはごく一部に限られます。

返済不要でない場合の借金

消費者金融や銀行などからの借入金をギャンブルに費やした場合、状況次第では債務整理で返済額を減らすことができるかもしれません。

基本的にギャンブルによる借金は自己破産で免責と認められません。ですが、初めての自己破産で借金に至るまでの状況が悪質でないと判断されれば認められるケースもあります。

債務整理ができるかどうかは自分で判断するのではなく、弁護士に相談することが必要です。債務整理の手続きは法律の知識が必要であり、手間もかかります。弁護士に依頼して手続きをしてもらうほうがスムーズに進められます。

カウンセリングを受ける

ギャンブルには依存性があります。やめたくてもやめられないという状態であれば依存症を疑いましょう。依存症治療を専門とする精神科などを受診し、ギャンブル依存の治療に専念します。

一人で悩みを抱えるのではなく、家族や専門の施設など周囲の力を借ります。周囲に頼って治療していくことは依存症改善にも大きく役立つはずです。

ギャンブルによる借金を返済しなくてよいのは、ごく一部の条件が当てはまる場合のみです。ギャンブルで借金を作ると家族や仕事など大切なものを失ってしまいます。手遅れになる前に弁護士に相談する、カウンセリングを受けるなど問題解決に取り組みたいものです。