彼女に借金が発覚!それでも男性は結婚する?

働く女性は洋服や靴、ランチ、飲み会など意外とお金が必要ですよね。収入だけでは足りない・・・ということもあるかもしれません。

借金があることを付き合っている彼に知られたくないと思うのは当然でしょう。結婚を考えている彼女に借金があると発覚した場合、男性はどう思うのでしょうか。

借金がある彼女と結婚できる?

彼女に借金があると、今後に不安を感じて結婚そのものを躊躇する男性は多いかもしれません。実際、借金を抱えたまま結婚をするのは多くのリスクがあります。ですが、借金があることが理由で彼女のことを嫌いになれるわけでもなく、どうすればいいか悩むことになります。

借金があっても結婚相手としてふさわしい相手であるか、借金の原因、借金額、返済の見込みの有無、結婚するリスクなど、考えることがたくさんあります。お金を借りた理由、彼女の金銭感覚、結婚後の生活で借金返済がどの程度影響を及ぼすか、が結婚を考える上で判断材料になるでしょう。

借金を隠して結婚するとどうなる?

相手に借金があるとは言いにくいものです。借金を隠したまま結婚することも可能ですが、いつかバレるかもしれないと常にびくびくしながら生活することになります。

返済のたびに神経を使いますし、滞納すれば自宅に督促状が届いたり、電話がかかってくることだってあります。

借金がバレると「騙された!」とトラブルになるだけならまだしも、最悪の場合、離婚になってしまいます。

結婚生活への影響とは

借金があると家計に負担がかかります。返済のせいで家計が赤字になるリスクだってあり、家族に迷惑をかけてしまいかねません。

借金を滞納してしまい、信用情報に傷がつくと、住宅ローンの契約やクレジットカードを作れなくなり、人生設計を大幅に変更せざるを得ないことになります。

借金が結婚生活に影響を及ぼす可能性があるなら、結婚前に借金問題を解決しておくほうが賢明です。

結婚するかしないかは男性の判断次第

彼女に借金があっても結婚を決める男性はいます。ですが、男性の親が反対することでしょう。

結婚後にバレてしまうと取り返しのつかないことにもなりかねません。先に話しておいて、借金について前向きに解決する、判断は男性にまかせるほうがよいかもしれません。

実家との関係、借金の金額など、状況によって個別に判断していくのがよいでしょう。

借金問題は早めに解決することが大切です。一人で悩んでいないで、弁護士など法律の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。