3_img-46

日々の家計をやりくりする主婦にとってお金の悩みは切実ですよね。貯金でまかなえればよいですが、貯金がなくて難しいことだってあるでしょう。手持ちがないのに支払い期限が迫っているとなると、本当に困ります。

そんなときにふと思い浮かべる解決法としてキャッシングやカードローンがありますが、専業主婦でも利用できるのでしょうか。今日は専業主婦のキャッシングについて考えてみたいと思います。

専業主婦のキャッシング

2010年に貸金業法が改正され、総量規制が導入されました。総量規制とは、借入可能額が年収の3分の1までに制限されることで、主に消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からの借入れが対象となりました。

これを機に大手消費者金融は収入のない人の申込みを断るようになったこともあり、収入のない専業主婦は総量規制の対象であるローンは利用できなくなっています。

専業主婦がお金を借りるには

専業主婦がお金を借りるには大きく分けて二つの方法があります。一つ目は「配偶者貸付」です。配偶者貸付とは、夫婦であることを証明できれば夫婦の年収を合算して借入可能額を算出した上で借入れができる制度です。

配偶者貸付を利用するには夫の同意書が必要になります。二つ目は銀行のローンです。銀行のローンは総量規制の対象外であるため、審査にさえ通れば本人の収入の有無に関係なくお金を借りられます。

ただし、あくまでも専業主婦なので多額の借入れはほぼできません。銀行のローンは消費者金融よりも金利が低いところが多いので、専業主婦でも比較的申し込みやすくなっています。

パートやアルバイトでも申し込める

消費者金融は、毎月安定した収入があればパートやアルバイトでも申し込むことができます。もちろん審査に通らなければ借入れはできませんが、専業主婦よりも選択肢が広がることは確かです。パートやアルバイトで収入を得ているのであれば消費者金融に申し込んでみてもよいでしょう。

収入がない専業主婦だからといってお金を借りられないと諦めることはありません。

高額の借入れはかなり難しいですが、審査に通れば借りることは可能です。最近は自宅に居てもインターネット申込み、振込融資可能なところも多いので、ローン申込をしているところを近所の人に見られてしまう心配をすることなく融資を受けられます。

お金に困っているなら、一度、銀行のローン担当者に相談してみるのも良い方法かもしれませんね。