専業主婦の借入れで知っておきたいこと

専業主婦の方は、一般的に借入れは難しいと言われています。特に消費者金融では「収入がない」という理由で専業主婦の申込みは断っています。専業主婦はお金を借りることはできないのでしょうか。今日は専業主婦の借入れについて知っておきたいことを紹介しましょう。

なぜ専業主婦に融資したくないの?

キャッシングやカードローンは無担保・無保証人という信用貸しをする商品です。そのため、貸す側である業者としては利用希望者が返済能力があるか否かは非常に重要となります。返済能力がない無収入の人はリスクがあるため貸せないというわけです。

専業主婦の利用目的として最も多いのが「生活費を補うため」。欲しいものを買うため、遊ぶお金がほしいなど贅沢をするために借りるのではないため、借りてもせいぜい数万円程度。

業者としては同じ貸すのであれば借入額が大きい顧客のほうが効率がよく儲けにつながることも、専業主婦に貸すのではなく収入のある人に貸すという裏の事情もあるようです。

専業主婦は借りられない?

収入のない専業主婦は「配偶者貸付け」といって配偶者の同意をもらうことで配偶者の収入を信用に代えて借入れをすることができます。ですが、配偶者貸付けには配偶者の同意書、婚姻関係を証明できる書類などが必要になることから、どうしても手間もかかります。

それに、配偶者には内緒で借りたいという方が多いのではないでしょうか。そんなときは銀行のローンです。銀行は総量規制の対象外であり、収入がない専業主婦の方でも申込みが可能です。

専業主婦向けの借入枠を用意している銀行であれば、配偶者の審査や同意書の提出は不要です。申込みの際に自分の携帯電話番号で登録する、利用明細を郵送でなくネット明細にしておけば自宅へ書類等が届かなくなるので内緒で借入れをすることだってできます。

大手の金融機関を選ぼう

専業主婦の借入れはどうしても選択肢が少なくなってしまいがちですが、安心して借入れをするためにも借りる金融機関を吟味することが重要です。

知名度の高い大手銀行などを選ぶ、「必ず融資します」などの宣伝文句を出している業者は決して近づかないなど、基本的な事柄から気をつけたいものです。複数の金融機関を比較してご自分のニーズに合うか検討してみるのもいいですね。

専業主婦であっても借入れ可能なところはあります。うっかり借りすぎてしまわないように計画的な利用を心がけましょうね。