専業主婦でもクレジットカードは作れるの?

今やクレジットカードの利用はスーパーでの買い物やネットショッピングなどごく日常的になっていますよね。主婦にとってクレジットカードは必須アイテムでお財布の中に何枚か持って用途によって使い分けているという方もいらっしゃることでしょう。

ですが、収入のない専業主婦でも自分名義のクレジットカードを持つことはできるのでしょうか。結論を言えば、専業主婦でもクレジットカードは作れます。今日は専業主婦とクレジットカードについて考えていきたいと思います。

専業主婦がクレジットカードを作るには

専業主婦の場合、主に自分のカードを作るか、家族カードを発行するかの2つの方法があります。

自分のカードの場合、申込書の職業欄は「無職」になりますがカード会社の所定の審査基準をクリアすればカードは発行されます。無職だからといって必ずしも審査に通らないというわけではありません。

家族カードは本会員の家族に対して発行されます。支払いは本会員と一緒に行われ、ポイントも本会員とまとめられます。年会費を安く済ませることができるのがメリットですが、限度額が本会員の限度額の範囲内となるため、すでに本会員が限度額いっぱいまで利用しているとカード払いができなくなってしまいます。

主婦がクレジットカードを選ぶポイントとは

主婦の方がカードを持つならば、まずは利用目的に合わせて選ぶことです。

公共料金、スーパーやコンビニなどの支払い、ネットショッピング、旅行などクレジットカードで一番多くの額を使うのは何になるでしょうか。クレジットカードは支払先によってポイント付与の割合が異なることもあります。一番オトクにポイントが貯められるカードを選ぶのがオススメです。

また、最近のカードは年会費無料、キャッシュバック、空港ラウンジの利用が無料など様々な特典がついています。年会費を抑えたいなら年会費無料のカード、旅行好きなら旅行の損害保険が付いたカードなどニーズの高い特典がついているカードを選んだほうが利用価値が高まるので吟味したいですね。

他にも女性向けのクレジットカードなどは、女性向けのお店や施設の割引サービスがあったり、カードのデザインが女性らしいものなど、女性が利用しやすい工夫や特典がついているものもあります。

限度額は高くはありませんが専業主婦向けのカードもあってポイントも貯められるので利用目的や特典などをよく比較して自分に合ったカードを選ぶといいでしょう。