旦那の借金で離婚を決意

旦那の借金が発覚して信頼関係が崩壊してしまった結婚生活は悲惨ですよね。子どもがいれば子どもにも負担を与えてしまいますし、一日でも早く平穏な暮らしがしたいと思うことでしょう。

旦那の借金が原因で離婚を決意したとき、知っておきたいことやできることがあります。今日は妻がやるべきことについて説明していきましょう。

借金を把握する

まずは、旦那の借金総額と借金の原因を調べることです。旦那に問い詰めても嘘をつかれる可能性だってあるので個人情報の開示をして調べましょう。

開示請求は本人か本人から委任を受けた人でないとできません。委任状を書いてもらって妻が申請したほうがよいでしょう。また、家族や知人などから借りていないかも調べる必要があります。

離婚の方法

離婚の方法として、協議離婚、調停離婚、裁判離婚などがあります。協議離婚は夫婦間の話し合いがまとまれば離婚届を提出するだけで離婚が成立しますが、財産分与や養育費など決めておくことを口約束だけだと後々トラブルになる可能性があります。

離婚条件で決めたことは公正証書に残しておくなどきちんとしておく必要があります。調停離婚は第三者を挟んで話し合うため、取りこぼしなく決め事もできます。ただし、家庭裁判所に出向いて話し合いを行うため、離婚成立まで時間はかかります。

調停で話し合いがまとまらないと裁判離婚となります。裁判離婚となると、弁護士費用が多額になり経済的負担が増えるだけでなく、精神的負担も大きくなります。できることなら裁判離婚までにはしたくないものですね。

財産分与

結婚後に購入した家具、不動産、貯金など夫婦共有の財産は財産分与の対象となります。

住宅ローンなど共有財産購入のためのローンも財産分与の対象になりますが、旦那の趣味やギャンブルなどで発生した債務は妻は共有する必要はありません。つまり、旦那の借金の原因と何に使ったのかを正確に把握しておくことは重要です。

財産分与、慰謝料、養育費などは夫婦間で話し合ってもなかなか折り合いがつかないことが多々あります。そんなときは弁護士や司法書士など専門家に介入してもらって進めた方がスムーズに運ぶことでしょう。

離婚が成立するまで精神的な負担が大きくなりますが、一つずつ着実に手続きを進めていくことは後悔のない離婚につながることでしょう。離婚を決意したら、離婚サポートの無料相談窓口や専門家に一度相談してみるのもよいでしょう。