転職中にお金は借りられる?生活費に困ったらどうする?

転職中は仕事が決まるまで時間がかかってしまうことがあります。貯蓄や失業保険が十分であればそこまで問題にはならないでしょうが、いつまでも仕事が決まらないといずれは生活費に困るようになります。転職中にお金を借りる方法はあるのでしょうか。

転職中でも借りられる?

結論から言うと、収入が全くないとカードローンの審査には通らないでしょう。カードローンの審査では「安定した収入があること」が条件となっているからです。

正社員でなくてもパートやアルバイトで月1回程度の収入があれば申し込めるので、次の仕事が見つかるまでの間、アルバイトで収入を得ることを検討してもよいでしょう。

また、ハローワークや住民税を収めている市役所・区役所、銀行などに相談して公的機関からお金を借りる方法もあります。地域によって支援制度が異なるので問い合わせてみましょう。

既存のクレジットカードやカードローンで借りる

仕事を辞める前にカードローンを契約していた場合は借入れができます。また、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば、限度額の範囲内での利用も可能です。

しかし、カードローンやクレジットカードでお金を借りると、1か月後に返済が始まります。返済能力がない状態でお金を借りてしまうと返済のために新たな借金をすることになり、多重債務状態に陥ってしまいかねません。

転職先が決まったとしても最初の給料が振り込まれる前に返済日を迎えてしまうと、支払いに困ることになります。既存のクレジットカードやカードローンで借りるのは簡単ですが、借りる前によく検討するようにしましょう。

求職者支援制度を活用しよう

雇用保険を受給できない求職者は求職者支援制度を利用できます。求職者支援制度では、無料の職業訓練、条件を満たせば職業訓練受講給付金も受け取ることができます。

雇用保険の受給終了後でも制度の利用が可能なので、早期再就職を目指して活用してみるといいでしょう。一日でも早く仕事を見つけることで生活費のピンチから脱出できますね。

特に女性は、生活費はもちろんのことファッションや美容などおしゃれにお金がかかりますよね。金銭的な不安はそれだけでストレスですし、いいことは何もありません。

転職が成功するまでアルバイトで稼ぐのもひとつですが、どうしてもというときはカードローンという方法もあります。実りある転職活動にするためにも、できるだけお金の不安を減らせるようにしたいですね。