6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

世の中には、いろんなグレーゾーンがありますよね。
Googleでグレーゾーンと調べると、声優の三ツ矢雄二さんがでてきます。
ご自身でも自らを「グレーゾーン」とおしゃっていますよね。
こんな風にグレーゾーンは物事の中間の領域のことを指しますが、今回は「お金のグレーゾーン」について紹介したいと思います。
ピンと来た方も来ない方も、ここで確認してもし同じような状況にある人を見かけたらぜひ救いの手を差し伸べてあげましょう。

グレーゾーン金利は、法的には罰されない程度の高金利のこと

まず、グレーゾーンという言葉を端的に表すと、2つの法律にある上限金利の間の金利のことです。
以前は、利息制限法で上限金利が20%と定められているのに対し、出資法では29.2%となっており、この間の金利のことを通称してグレーゾーンといっていました。

利息制限法の中では20%以上の金利は無効とされていますが、一方出資法では29.2%以上の金利で罰則規定を設けています。
したがって、グレーゾーンは法的には罰されないぎりぎりの高金利なのです。

グレーゾーン時代の借り入れがあったら借金が減る!?

しかし、平成18年の貸金業法、出資法の改正にともなって、平成21年からグレーゾーンは廃止となりました。
グレーゾーン時代にお金を借りて現在でも返済しているなら、過払い請求をすれば借金の総額が大幅に減ったり、もしかしたら借金を全額返済できたりするかもしれません。
グレーゾーン金利は、いわば貸金業者がより高金利で貸し付けを行う際に、その根拠としてある種「利用」されてきました。
現在もなおこのグレーゾーン時代の金利で返済を続けている方がいましたら、過払い請求を行えば借金の総額を大幅に減らすことができます。
また、場合によっては借金を全額返済できた、なんてこともあり得ます。

借りたお金を返すことはもちろんですが、それをはるかに上回るような返済を続けていたら、それは大変ですよね。
もしそれが今は無きグレーゾーン金利によるものならば、その苦しみは間違いです。
債務整理をきちんと行って、借りたお金をより計画的に返済していけたらいいですね。