18_img-71

たくさん買い物をしてしまう人、買わずにはいられない人など、ひょっとして私って買い物依存症かしら?って心当たりがある方はいませんか。買い物をしすぎて借金で苦しんでいる方も少なくないことでしょう。

借金のきっかけはエステ、アクセサリー、デート、生活費など日常生活の中でのちょっとしたことだったでしょうが、気がついた時には借金が膨らんでいたなんてこともあるかもしれません。そんな買い物依存症による借金を克服する方法ってあるのでしょうか。

まずは相談

借金をしているという後ろめたさと周囲に迷惑をかけてしまうという気持ちから、なかなか相談しにくいものですが、やはり早めに相談することです。

借金が膨れ上がってから相談する方がむしろ迷惑がかかりますし、ダメージは大きくなるだけです。早期に相談すれば傷が浅くて済みます。家族に相談しにくいならば弁護士や司法書士などが無料相談をしてくれる公的組織、多重債務者を支援する団体などに相談してもよいでしょう。

借金の原因と向き合う

どんなに借金を完済しても、借金をした原因と根本から向き合わない限り、借金を繰り返してしまいます。

多重債務に陥る原因として、浪費、人間関係、事業の行き詰まりなどの原因が挙げられますが、何故モノを買ってしまうのかという根本的な部分と向き合い、問題解決策を明確にしていかないといつまでたっても借金を重ねてしまいます。きちんと向き合い間違いを素直に認めて改善していく覚悟が必要です。

買い物依存症を抜け出すためにできること

自分が買い物依存症であることが自覚できたら、カウンセリングを受ける、不要な出費を削り節約する、ひたすら働く、法的解決法を探す、ローンを整理するなど今すぐできることを一つずつこなしていくことです。そしてキャッシングやカードローンなどに頼るのではなく、収入の範囲内でやりくりする習慣を身につけることです。

また、心の寂しさやストレスから買い物へ依存していたのであれば、ストレス解消法を探すことも必要です。

買い物好きの人は欲しいものを買うために何かを我慢することもできますが、買い物依存の人は欲求だけで買い、心のストレスや不安、寂しさを埋めようとします。買い物依存は誰にでも起こりうることで決して珍しいことではありません。

買い物依存症の末路は借金生活です。良いことはありません。借金で苦しまないためにも、買い物依存を前向きに克服していきたいですね。