f5049c55c40f49e19db651ee8d02b9ee_s

お金を借りたい時、どうやっって頼む?

日頃生活をしていると、急な用事でお金が必要になることがありますよね。
病気にかかってしまったり、大切なものをなくしてしまったり、事故を起こしてしまったりと、その理由は数えきれません。
そんな中で、時には自分の持ち合わせでは足りなくなってしまうこともあると思います。
そこで、いつ自分に起こるとも限らないお金を借りる際の上手な頼み方を紹介します。

誠意を持って説明すること

金の切れ目が縁の切れ目、なんて言葉があるように、友人や親類の人からお金を借りるということは人間関係において結構なリスクを伴います。
場合によってはそれこそ「絶縁状態」になることもしばしば・・・。
人間関係を壊さないでお金を借りるルールは、「正直に、誠実に」です。
まわりくどい言い方や簡単に「友達でしょ?」なんて言ってしまわず、ここはストレートに言ってしまうことで、人の心を動かしお金を貸してくれやすくなります。
どうしても正直に話せないのならば、できればまるっきしの嘘はつかず責任が持てる範囲で説明することが大切です。

返済の条件を決めること

そして、いざお金を貸してくれることになったら、必ず約束を決めましょう。
月にどれくらいの金額を返すか、何カ月で返すか、返金の方法は手渡しか振込か、返済が遅れた場合にはどのような対処をするのか、この点は最低でも決めておきたいところです。
これを提示することで、相手の信頼感を得るだけではなく自分の返済計画も決めることができるので、自身の意識づけにも効果があります。

約束は守る

このような手順を踏んでいくことで、人間関係を壊すことなくお金を借りることができるのではないでしょうか。
ただ、いくらこれらのことを決めたからといって約束を破ってしまっては何の意味もありません。
お金を借りてから返し終わるまでが自分の責任なので、しっかりと守る必要があります。

他人からお金を借りることには注意が必要です

このように、他人からお金を借りるには様々なリスクを伴いますし、何より少し面倒くさいです。
時に人に頼ることもあるとは思いますが、相手の負担が大きいようなときには銀行や他の金融機関でお金を借りることも一つの手です。
お金を借りることのデリケートさは忘れないようにしたいですね。