パチンコで借金をする主婦たち。依存になる原因と借金の返済

主婦がパチンコにハマると、借金をするだけでなく悲惨な末路になりかねません。パチンコには知らず知らずのうちにのめりこんでしまう性質があり、気がついたときにはやめられなくなっていることもあります。

パチンコ資金のためにと借金をしていたら、どうにもならない状態になった・・・なんてことにもなりかねません。主婦たちがパチンコに依存する原因と借金返済について考えてみましょう。

パチンコにハマる原因

育児ストレス、夫婦関係、義両親との折り合い、近所づきあいなど、主婦は日常のストレスがたまりがちです。上手く発散できればよいですが、息をつく暇もなく家事や育児をしているとリフレッシュできません。

ママ友に誘われて軽い気持ちで行ったら、大勝してハマってしまったなんてこともあります。ストレスをパチンコで発散するようになると、生活費までもパチンコに費やしてしまいます。

パチンコで作った借金

パチンコ依存症になると、高い確率で借金も抱えています。口座からお金を引き出すのと同じ感覚で消費者金融を利用していたり、消費者金融だけでなく銀行のカードローンにも手を出していることもあります。

パチンコで負けると、取り戻そうとリベンジする方もいますが、結果として負けることが多いので借金は増えるばかりです。これ以上借金を増やさないためにも、まずはパチンコをやめることが先決です。パチンコをしない環境を作ることから始めることです。

借金の返済方法

まず借金を返せるか、返せないかで判断しましょう。返せるようであればパチンコをやめて浪費をせずに返済に充てていくとよいでしょう。

返せないほど借金が多ければ債務整理を検討しましょう。債務整理は弁護士や司法私書に依頼します。専門家に貸金業者と交渉してもらい、利息をカットしてもらったり、返済額を減らしてもらいます。

自己破産をすれば借金を返済する必要はありません。債務整理をすると借金が減る、あるいはなくなるというメリットはありますが、信用情報が傷つきます。信用情報機関に事故歴が記録されている間は新たなローンは組めなくなり、クレジットカードも作れません。

借金をしない環境をつくるという意味ではとても有効ですが、不自由な生活になるのも事実です。

妻がパチンコによる借金を抱えていても夫は気がつかないということもあります。日頃から夫婦間でコミュニケーションを取ることで、妻がパチンコにのめり込んでしまうのを防げることもあるかもしれませんね。