パチンコ依存の旦那と離婚したいときにやっておきたいこと

旦那がパチンコ依存症で悩む妻は少なくないようです。軽度の依存であれば本人とじっくり話し合うことでギャンブルをやめられる可能性もありますが、重度であれば問題は深刻です。生活費や子どもの養育に使うお金までに手を出し、借金をしてでもギャンブルにつぎ込む人もいます。

今日はそんなパチンコ依存症を理由に離婚を決意したときに知っておきたいことを紹介していきましょう。

借金の支払い義務を確認

パチンコ依存症が進むと借金をしてまでギャンブルをすることも珍しくなく、借金額が膨れ上がってることもあります。まずは借金の有無と金額を確かめ、自分に支払い義務がないかどうか確かめる必要があります。

と言うのも、婚姻期間中にできた借金が電化製品の購入など日常家事債務であれば配偶者である妻にも支払い義務が生じます。しかし、パチンコ等ギャンブルのために作った借金の場合は配偶者に返済義務はありません。離婚後に貸金業者から督促がきたとしても拒否すればいいだけです。

ただし、借金の連帯保証人になっていると、離婚をしても責任を逃れることはできません。たとえ夫婦であっても安易に連帯保証人になることはよく検討したほうがいいでしょう。

慰謝料はもらえる?

パチンコ依存症となると、お金に余裕があるとは決して言えないため、状況によっては十分な慰謝料をもらうのは難しいかもしれません。しかも、旦那さんが離婚に応じる姿勢を見せてくれないと離婚が成立しないため、調停離婚、裁判離婚と経ていくことになります。

話し合いがこじれる可能性を加味して最低でも調停離婚を想定しておき、慰謝料をとれる可能性は少なくても公正証書をつくって養育費の確保をしっかりしておくことが大切になります。

離婚はどうしても心身ともに疲労がたまってしまいがちです。離婚成立に向けて一つ一つ手続きを進めていくためにも、早めに弁護士など法律の専門家に相談することをおすすめします。

子どもがいると、子どものために離婚を踏みとどまったほうがいいのか判断が難しいものがあります。その場の状況によってさまざまですが、本当に子どものためになる決断をしたいものです。

そして離婚が成立したら、次の生活に向けて踏み出さなければなりません。新しい生活を前向きに始めるためにも、国や自治体からもらえる手当てや免除について調べておきましょう。実家や友人など周囲に頼れたり、相談できる人をつくっておくことも大切です。