4_img-58

「今月は飲み会が重なってお金がない」「欲しい洋服がある」など、アルバイト代だけではお金をまかないきれないことって少なくないですよね。こういった時にキャッシングが便利ですが、「アルバイトだと審査で不利になるのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。

そこで今日はアルバイトでもキャッシング審査に通るコツについて紹介したいと思います。

安定した収入があること

キャッシングの申込み条件として、「安定した収入があること」とありますが、これは、必ずしも正社員でなければならないという意味ではありません。

アルバイトでも毎月きちんと収入を得ていれば、安定した収入とみなされます。なので、しっかりと働いていて収入と返済の見込みがあれば、キャッシング審査に申し込むことは十分可能です。

在籍確認は大切

審査で必ず行われる在籍確認は、キャッシング審査通過には重要なポイントと言えます。在籍確認とは、キャッシング申込者が申告した勤務先で本当に働いているかどうか確認する手続きのことで、電話にて確認を行います。

在籍していることが分かれば「職場で一定の収入を得ている」ことが確認できるので、審査にプラスとなります。事前にアルバイト先に在籍確認があることを伝えて対応してもらえるよう相談しておいてもよいでしょう。

金融事故があったら通らない

もし、過去に債務整理などの金融事故歴があって信用情報に記録が残っている場合は、まず審査に通ることはありません。金融事故は民事再生や自己破産などの債務整理だけでなく、長期延滞なども含まれます。

ローンやクレジットカードなどで支払いが遅れたり、返済しないまま放置することがあると、信用情報に記録されます。審査において信用情報にはマイナスとなる記録がないほうが良いので、日頃からきちんと返済する、借りすぎないなど基本的なルールを守って利用するように心がけましょうね。

アルバイトでも定期的に収入があれば申し込めますし、基準を満たせば審査に通ることがお分かりいただけたと思います。アルバイト収入だけでは返済が不安・・・という方は、一定期間無利息でお金を借りられる「無利息サービス」を活用するのがオススメです。

無利息サービスは初回限定であることがほとんどですが、無利息期間内に完済すれば利息0円で借りられるので金利の心配をする必要がありません。きちんと返せる分だけキャッシングするようにしましょうね。