妊娠したけどお金が不安・・・どうすればいい?

「妊娠して喜びいっぱいなのにお金がなくて不安・・・」と落ち込む妊婦さんはとても多くいます。貯金がなかったり、仕事を辞めざるをえなかったなど、いろいろな事情がありますよね。そんなお金の心配を解消するにはどうすればいいのでしょうか。

国からもらえるお金

妊娠・出産したらもらえるお金は主に2つあります。妊娠して自治体で母子手帳を発行してもらうと「妊婦健康診察受診票」という補助券がついてきます。この補助券でほとんどの検診を受けられるので病院代は安心です。

もう一つは「出産育児一時金」です。出産費用は基本的に全額自己負担で入院費を含めると40万~50万円程度で都心や地方、病院によって異なります。出産育児一時金は子ども一人当たり42万円支給されます。安い病院なら42万円以内に収まることもあります。

自宅で稼ごう

国からもらえるお金もありますが、それでもお金が足りないこともありますよね。もしも自宅にパソコンがあって文字入力ができるならWEB内職です。

WEB内職ではさまざまな案件がありますが、ブログなど文章を書くのが好きな方にオススメなのがライターです。ライターは記事を発注するクライアントから仕事をもらって記事を作成します。得意分野があると楽しいですし、頑張った分だけお金になるのでやりがいもあります。

他にも自宅で眠っている不用品を売って稼ぐ方法もあります。ブランド品やアクセサリーだけでなく、ゲーム、フィギュア、映画のパンフレット、お菓子のおまけなども買い取ってもらいましょう。

手先が器用という方はハンドメイド作品をメルカリなどで販売してみてもよいでしょう。スマホのカメラで撮影して売るだけなのでカンタンですよ。

どうしてもお金がないなら

それでもお金がない・・・というなら、「お金を借りる」という方法もあります。大手消費者金融などでは女性専用のレディースローンを取り扱っているところもあり、一昔前よりも利用しやすくなっています。

すでにお金がない状態で借金をすることになるため、あくまでも最後の手段にはなります。確実に返済できる、収入の目処が立っているなどお金が入ることが分かっている場合には利用を検討してみてもいいかもしれません。

いかがでしたか。せっかく妊娠したのに金銭面で不安があるのは本当につらいですよね。本当にピンチというときは一人で抱え込むのではなく行政に相談してみてもよいでしょう。少しでも気持ちに余裕ができるといいですね。