増え続ける独身女性の借金生活

最近、借金がある独身女性が増えています。一昔前と比較しても女性の社会進出は目覚ましくなっていますが、なぜ借金を抱えてしまうのでしょうか。

現実的には女性にとって厳しい社会なのかもしれません。借金の理由は、給料の減給やボーナスカットなど収入の減額、病気や怪我などによる退職などさまざまです。生活費だけで精一杯という女性も少なくなく、生活費が赤字続きということもあるようです。

借金のきっかけ

女性は男性に比べて正社員率が低く、収入も少ない傾向があります。パートや派遣社員では福利厚生も充実しておらず、ボーナス無し、退職金無しなど収入が上がらない、転職しても正社員雇用が叶わないなど厳しいのが現状です。

そんな独身女性の借金の理由は、「生活費が足りない」「怪我で休業することになった」など生活のためであり、贅沢をするためではないことが多いようです。

借金から抜け出すには

借金生活から抜け出すには、「借金を返済すること」です。しかし、女性にとって借金返済は簡単なことではありません。

まずは借金の現状を把握した上で返済計画を立ててみるとよいでしょう。着実に減ってきていれば継続して返済を続けるとよいですし、借入れ先がたくさんあるならローンを一つにまとめてもいいでしょう。あまり減っていない、もしくは増えているという場合は、債務整理を視野に入れてもいいかもしれません。

生活にどの程度支障があるかによって身の振り方を考えてみましょう。

債務整理をする

債務整理を考えている方は法律事務所などに相談してみましょう。無料で相談できるところもあるので気軽に相談してみるとよいでしょう。債務整理をすることで利息をカットしてもらったり、借金総額が減るなど、借金の負担を大幅に減らすことができます。

自己破産であれば借金はゼロになります。しかし、債務整理をしたとしても生活費は収入の範囲内でやりくりしなければなりません。新たな借金はできなくなるので、これまで以上にお金の管理が大切になります。

どうしても生活が厳しいという場合は、行政窓口にて相談してみてもよいでしょう。

借金があると経済的に困窮するだけでなく、精神面でも余裕がなくなります。借金がない生活をするためにも、まずは借金を整理することから始めましょう。

返済できそうなら完済を目指して返す、支払えそうになければ債務整理を視野に入れて専門家に相談するなど、ご自分の状況に合わせて対策をしていきましょう。