ケチな夫との付き合い方

浪費癖のある夫を持つと家計のやりくりが大変になりますが、ケチな夫でも女性は苦労します。

きちんと収入はあるのに生活費を少ししか入れてくれない、お金の使い道に難癖をつけるなど妻の出費に目を光らせているのです。金銭感覚の違いは離婚原因にさえなるともいわれています。

ストレスで爆発してしまう前にケチな夫との付き合い方を考えてみるのはいかがでしょうか。

妻も働こう

ケチな夫に対して生活費をアップしてもらうのは至難の業だったりしますよね。そんなときは、女性も働きに出ることです。

「あなたに負担をかけたくないから、私も働くわ」と言えば、夫も反対しにくいはず。自分で稼いだお金であれば、自分へのご褒美にエステやショッピングにだって使えますし、ストレス発散にもなります。

また、夫の収入だけでやりくしして自分が働いたお金は貯金するということだってできます。働きに出て収入を得ることで金銭的に楽になります。働ける環境であれば積極的に考えてみてはいかがでしょうか。

本音を伝えてみる

二人きりのときにあなたの本音を打ち明けてみましょう。冷静に自分の気持ちを説明し、夫の気持ちにも耳を傾けることです。

実際に感じている気持ちを打ち明けることで妻の思いに気がつくかもしれません。言いたいことを言えずに溜め込んでしまうといつか爆発してしまいます。

夫婦の関係性にヒビが入ってしまうことにもなりかねないですよね。きちんと話し合うことができれば改善策もしっかりと話し合うこともできるでしょう。

金銭感覚の違いを受け入れる

金銭感覚の違いは非常にストレスがかかりますが、思い切って諦めてしまうことも一つの方法です。ケチなのにカードローンなどで借金を繰り返す夫だと問題ですし借金返済が最優先になりますが、夫の価値観を受け入れる努力をしてみることです。

どうしても受け入れられない、受け入れることで生活が破たんするというのであれば離婚を考えてみるのも一つの手です。夫が自分の価値観を受け入れてもらえたことが分かると、案外すんなりと妻の意見を聞いてくれるようになるかもしれません。まずは行動してみるのもいいかもしれませんね。

女性はストレスを上手に解消することがとっても大切です。ケチな夫について愚痴れる友人などがいるだけでもスッキリすることでしょう。イライラしていてもいい事はありません。ケチな夫と賢く付き合っていく方法を前向きに考えてみてはいかがでしょうか。