19_img-77

サークルの飲み会、彼氏との旅行など学生だって大きな出費が重なることはありますよね。学生でもお金は何かと必要です。

お金が足りないからキャッシングをしようとすると周囲から反対されることもあり、なかなか相談できずに困っている方もいることでしょう。学生でもキャッシングはできるのでしょうか。

学生でもキャッシングできる

一般的なキャッシング申込資格は、「20歳以上で安定した収入がある方」となっています。なので、学生でも条件を満たしていれば申込み可能です。

学生がキャッシングできる金融機関は、消費者金融、銀行、信販会社、学生専用ローン会社などがあります。学生専用ローン会社以外は上記の条件を満たしている必要があり、申込むと審査を受けます。

安定した収入とは

学生にとって「安定した収入」とは、アルバイト等からの収入となります。社会人のキャッシングと比較するとどうしても少ない上に仕事・収入ともに不安定になりがちです。そのため、どうしても収入の安定性という意味で審査が不利になってしまうことも少なくありません。

消費者金融によっては学生というだけで審査に通りにくいところもあるようで、やはり、キャッシング会社としても申込者が確実に返済できるかどうかを重視していることが分かります。

仕送りは安定収入になる?

親元から離れて暮らしている学生は、仕送りをもらっていることもあるでしょう。一部の業者は審査で仕送りの金額を返済能力や利用限度額の判断材料として参考にしているようですが、仕送りは安定収入を得ているとはみなされません。なので、申込者本人のアルバイト等の収入が審査の対象となります。

審査に落ちる条件とは

過去に金融事故を起こしていたり、ローンやクレジットカード等で延滞を繰り返している、他社での借入件数が多い、安定した収入を得ていないなどどいった状況ですと、どうしても審査に通ることは難しくなります。

学生の場合、一般よりも審査基準が厳しくなることもあるようなので、これらの条件が当てはまる場合はキャッシングを諦めるという選択肢も視野に入れてもよいかもしれませんね。

社会人よりも審査において厳しくなる傾向はありますが、条件を満たしていれば申込みはできます。キャッシングを申し込んだからといって親や友人、学校などに連絡が行くことはないのでバレる心配もありません。キャッシングは借金なので借りすぎないように気をつけましょうね。