お金のピンチを乗り切るワザ

ランチ会、デート、美容院など女性は意外とお金がかかりますよね。ひと月分のお給料だけでは赤字になってしまうこともあるでしょう。給料日まで後数日なのにすでに家計がピンチ!というとき、どうしていますか。

今日はお金のピンチを乗り切る方法について紹介しましょう。

人からは借りないほうがいい!?

「お金に困ったときに頼りになるのは家族」という方、意外と多いのではないでしょうか。

たとえ、親、兄弟、親戚であっても人からお金を借りるというのは金銭トラブルや人間関係の悪化につながるので避けたほうがよいです。「親しき中にも礼儀あり」です。他人を頼るのも信頼関係にヒビが入る可能性があるのでオススメできません。

貯金があれば貯金を崩せばピンチを乗り切れますし、無いなら単発のアルバイトをしたり、ネットオークション等で不用品を売って現金を手にすることだってできます。

それでもお金が足りない、もしくは間に合わないという場合はどうすればいいのでしょうか。

どうしても!という時

銀行や消費者金融など金融業者からお金を借りるのが一番安全です。金融業者は女性でも利用できます。銀行や大手の消費者金融ならお金を借りるのは初めてという女性でも安心感があって利用しやすいでしょう。

ただし、誰でも借りられるというわけではありません。ご自分の収入、雇用状況、勤続年数などの属性によって申し込めるところは異なります。働いていて安定した収入を得ているなら消費者金融、収入がなければ銀行など、自分の現状や都合に合わせて申し込むのが賢い選択です。

キャッシングで借入

キャッシングでお金を借りたら返済日までにきちんと返すようにしましょう。返済日をうっかり忘れてそのままにしていると遅延損害金も支払うことになります。給料や臨時収入などでお金が入ったらすぐに返す習慣を身につけておきたいですね。

そして、完済できてピンチを乗り切ることができたら家計を見直し、節約に励むなど二度と同じ事態に陥ってしまわないように改善していきましょう。

キャッシングで借入れをすることで周囲に迷惑をかけることなくお金の困った!を解決できます。キャッシングは無計画に借りてしまったり返済に遅れたりしなければ何も不安に思うことはありません。

どうしてもという場合は一時的にキャッシングに頼るという選択肢もあっていいでしょう。万が一のときに備えて自分に合った貸金業者を見つけておいてもいいかもしれませんね。