学生ローンを利用することとはどのような事なのか

学生ローンは18歳以上の学生向けに特別に融資されるサービスとなっています。

通常のローンサービス、キャッシングの場合は20歳以上からとされており、これには未成年の場合は契約を無効にすることが出来ると言う法律から消費者金融やクレジットカード会社などが避けるために20歳以上と定めているのですね。

しかし、学生ローンに関しては20歳以上と言う制限を設けておらず、18歳以上の大学生、専門学校生をメインに学生メインにお金を貸し出しているのです。

私も学生時代に学生ローンを利用してきた身でして、学生にもなるとお金を使う機会と言うものが増えてくるもです。

例えば、急なコンパの誘い、サークル活動の費用、制服などがないので、学校に通うために着て行く服装、携帯電話代など日々のアルバイトの給料だけではやっていくことが難しく、お金を借りたいと思う時がありました。

中には学生ローンで学費を払う人などいましたからね。

しかし、お金を借りる事に関しては通常のキャッシング、ローンと同じ事であり、学生だから金利が安くなると言うことは決してありません。

ただ、未成年でお金が借りれる状態になれることは大きなメリットと言えるでしょう。

学生ローンは通常の消費者金融、銀行では行われておらず、町の小さな消費者金融で行われていることが大半です。

もちろん学生向けのローンサービスと言うこともあり、学生街など学校の近くに店舗を構える消費者金融が多いですね。

返済方法としても実際に店舗へ持っていく、銀行へ振り込むなどシンプルで分かりやすく、大手消費者金融の様なライフスタイルに合わせた返済手段の多様化が行われていない点もありますけどね。

私の場合はコンパなどが多く入っていたのでお金の使い方が荒くなってしまっていましたが、アルバイトをいつもよりも多く入れて返済日にはキチンと返済をしていました。

学生だったとしてもお金を借りている以上は責任が伴いますからね。