お金を借りるコンビニ

ATMは私たちの町に至る所に設置されており、お金を降ろしたり、預けたりする人が大半かと思います。

もちろん、それはキャッシングでも利用するものであり、お金を借りる際にインターネットによるキャッシング振込と言うサービスもありますが、機器系に弱い人や手軽さなどから、ATMを利用しますよね。

 

私自身もキャッシングをよく利用しますが、どうしても気になってしまうものとして『他人の目』と言うものがあります。

消費者金融のATMも町の至る所に設置されていますが、消費者金融の看板が大きく、店舗も無人契約機と並んで小さな空間に設置されているので、ATMに近づくにつれて周りの人から『あの人お金借りようとしている』と思われているのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。

これもお金を借りると言うことに対してのネガティブなイメージが引き起こしているんですよね。

私もこのような疑心暗鬼に襲われて、消費者金融のATMに近づくことすら出来ませんでした。

 

そんな時、コンビニに設置しているATMに注目したのです。

コンビニのATMと言うものは複数の銀行や消費者金融など提携を結んだ金融機関に1台で対処できると言うものであり、傍から見れば、銀行口座からお金を引き出しているだけかもしれないと思われ、お金を借りていると思われることは少ないのです。

つまり、銀行口座の操作を行う人がいる以上は、その人と同じ目で見られると言うことであり、お金を借りているにしても抵抗感が薄くなっているのですね。

同様にスーパーのATMなども同じことが言えます。

 

このような昨今のサービスの多様化でATMと言うものが消費者金融、銀行以外にも設置し始めているので、一番気になる他人の目を警戒しなくて済むようになりました。

最近ではインターネットを使った融資、返済なども始まっていますが、機械系に弱い人であればATMしかないので、利用しやすい環境と言うものが大事だと言うことがよく分かりました。