融資金額が大きいネットバンクについて知ろう

通常、キャッシングサービスによる融資金額の上限としては50万円であり、それ以上の融資を受ける場合には所得証明を提出して再び審査をする必要があるのですね。

つまり、通常の場合は運転免許証などの身分証明書だけで50万円を融資してくれますが、それ以上の融資金額を求める場合は安定した収入がどれだけあるのかを証明しないといけません。

 

しかし、通常の審査で融資金額の上限が200万円と言う融資を行ってくれる金融機関があることをご存知でしょうか。

それはインターネット上にあるネットバンクの融資です。主に『ジャパンネット銀行』、『楽天銀行』などのキャッシングサービスの融資金額の上限が200万円に設定されており、これは通常の審査によるものなので、実店舗を構える銀行や消費者金融とは大きく異なります。

私も急なお金が必要な場合と言うことに遭遇しやすく、消費者金融や銀行などは通常の審査で50万円が上限となっていたため、融資金額と言うものに頭を悩ませていました。

 

そこでインターネットで調べてみると、ネットバンクの存在を知ったのです。

実店舗にどうしても不利な状況下にあるネットバンクでは独自サービスとしてキャッシング枠の融資金額を200万円まで上げていたのですね。

このようにしてユーザーの囲い込みをしたいと言う考えも分かりますし、ユーザーからしてみれば融資金額が大きいことは嬉しいものです。

また、ネットバンクは実店舗が存在しないので、ATMは基本的にコンビニ、スーパーなどに設置されているATMとなり、考え方によってはお金を取り出せる場所と言うものが多いと言うことになります。

これもネットバンクの強みで、インターネットを使ったキャッシングの振込にも対応しているので、時間、場所問わず利用できるメリットが大きいものです。

 

融資金額の大きさもメリットの一つですが、このようにインターネットに密着したサービスはインターネットをよく利用する人にとっては素晴らしいものとなっています。