給料日前に大事な取引先から飲み会に誘われるなど、避けがたい状況ゆえに予定外のお金が急に必要になることは誰にでも起こり得ます。
そんな時に頼りになるのがキャッシングですが、その仕組みを理解しないままキャッシングを利用することには危険が伴います。ですから安心してキャッシングのメリットを享受するために、お金を借りる前にキャッシングについての基礎知識を理解しておくことはとても大切です。

 

1.キャッシングとは

一般的にキャッシングとは申し込み時に定められた借入限度額の範囲内でATMやCDを利用してお金を借りたり返済したりすることを指します。審査に通るとキャッシング専用カードが発行されます。
また金融機関の窓口で直接お金を借りたり、指定の銀行口座に振り込んでもらう形でお金を借りる方法もあります。
借りたお金は利息と共に返済する必要があるため、金利の違いに注目することが大切です。

 

2.キャッシングの種類と特徴

キャッシングには銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系キャッシングなどがあります。

金利について:銀行系→信販系→消費者金融系の順に高くなる。
審査について:消費者金融系→信販系→銀行系の順に厳しくなる。

つまり、お金が借りやすいキャッシングほど金利が高くなる傾向があるというわけです。
その他、普段ショッピングで利用しているクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることもできますが、キャッシング専用カードよりも高い金利が設定されていることもありますので注意が必要です。

 

3.キャッシングの審査

キャッシングを利用するには返済能力があるかどうかを確かめるための審査に通る必要があります。審査は、他社からの借入状況、職業、年収、勤続年数、住居、家族構成など様々な項目を判断材料としておこなわれます。
審査と聞くと不安になるかもしれませんが、最近ではインターネットを利用して借入可能額を前もって確認できる簡易審査サービスを提供する業者が増えているので安心です。
ただし「審査なしで即融資」というような誘い文句をうたっている業者はいわゆるヤミ金融ですから、絶対に利用しないように注意しましょう。

 

お金が必要な時には切羽詰った状況ゆえに「とにかく早く借りたい」と考えて比較考量することを怠りがち。しかしキャッシングサービスを提供する業者によってその貸付条件や返済方法はさまざまです。
お金が必要な時だからこそ少しでも有利にお金を借りられるよう、日頃からキャッシングに関する知識を身につけ、いざという時の必要に備えておきたいものですね。