大学、専門学校生で未成年の場合の学生ローン

お金を借りる前に

基本的に未成年はお金を借りることが出来ません。

理由の一つに『未成年』であることが上げられ、民法では未成年の契約を無効にすることが出来ると言う法律があり、もし、未成年にお金を貸してもそれを無効にされる恐れがあるので、多くの消費者金融機関では20歳以上からの利用を前提にお金を貸しているのです。

しかし、逆を言えば未成年へのお金を貸すことを禁じてはおらず、消費者金融には未成年向けのローンサービスも展開しています。

それは『学生ローン』です。

学生ローンは18歳以上の学生を対象としたローンサービスで、学生であれば、未成年でもお金を借りる事が出来ます。

特に大学生や専門学校生などは、合コン、サークル活動、一人暮らしをしている学生であれば、光熱費、水道代などの生活費などお金が必要な場面が多いかと思います。

しかし、学生ローンだからと言っても学生を優遇したものではなく、お金を借りる事に関しては通常のローンサービスと変わらないので、金利が安くなると言うことがありません。

ただ、未成年でもお金を貸してくれるサービスだと考えていいでしょう。

学生ローンの場合は大手消費者金融が行っておらず、町の小さな消費者金融が行っている場合が多く、学校の近くや学生が多い、学生街などに店舗が構えている消費者金融が多いです。

返済に関しては消費者金融によって異なりますが、基本的に銀行口座への振込や店舗での返済が前提となっており、返済方法の手段は大手消費者金融と比較しても少ないと言えるのではないでしょうか。

口コミでは未成年でもお金を借りる方法として話題になっており、高校卒業後に就職した人と比べるといち早くお金を借りる機会は訪れるのは事実です。

これも学生だからのメリットの一つであり、人生の中でお金が最も必要な場面として多いのが学生時代だと言うことも学生ローンが存在する理由の一つですね。

大学、専門学校とお金が必要な場面が多いかと思いますが、学生ローンを使ってみるのもいいかもしれませんね。