お金借りる大きい
お金を借りる際に一番気になるものとしては融資金額ではないでしょうか。

融資金額の上限としては平均的に50万円で50万円以上の融資金額を受ける場合には所得証明など提出する書類が増えて再び審査を行うことになります。

逆に言えば、多くの消費者金融、銀行では金融事故がない限り、身分証明証だけの書類審査で50万円も借りれると言うことになります。

しかし、最近話題になっているものとして通常の一般審査だけで200万円まで借りれる銀行が登場したのです。

それが『ジャパンネット銀行』と『楽天銀行』です。

ジャパンネット銀行と楽天銀行のローンサービスは通常の審査だけで200万円までの融資が認められており、さらに所得収入など書類を追加して審査を行うと500万円までの融資が可能になります。

では、どうして200万円まで融資金額が上げているのかと言えば、ジャパンネット銀行、楽天銀行はいわばインターネット上にしか存在しないインターネット銀行と呼ばれる存在で、他の消費者金融や銀行と比較しても実店舗が無いので存在感のアピールが出来ておらず、インターネット銀行だからこそのサービスとして違いを見せているのですね。

200万円の融資を求めている人はそれなりの立場の人であり、大きなものを購入する人などが該当するかと思います。

しかし、インターネット銀行を利用する際に注意すべきポイントがあり、それは実店舗が存在しないことですね。

なので、銀行取引を行う場合にはコンビニATMを利用することになります。

楽天銀行の場合はインターネットメインの会社らしく365日24時間対応と他にはないキャッシングサービスがあり、深夜にお金が必要になった場合でもキャッシング振込による銀行口座への融資やコンビニATMを利用したキャッシングサービスに対応しているので、融資金額以外にもメリット面が大きいことが伺えます。

なので、インターネット銀行ならではのサービスと言えるでしょう。