総量規制により、主婦向けのカードローンは以前に比べて利用しづらくなりました。総量規制とは、借入の総額を年収の1/3までに制限するという規制で、これにより例えば、自身で収入のない人は、借入そのものができなくなったのです。

 

しかし、総量規制はノンバンクの貸金業者のみを対象としているため、銀行のカードローンは対象になりません。

そこで、多くの貸金業者は、銀行の傘下に入り、銀行系として融資を行うことで、総量規制に縛られることなく、融資ができるように工夫しています。

 

有名なところでは、アイフルが銀行の傘下に入らず、専業として営業を続けていますが、その他アコム、プロミスなどは銀行系として営業していますので、主婦であっても、ご自身がパートで安定した収入があれば借入れを行うことが可能です。

 

また、お金を借りるために審査等を行っても、個人情報は守られるため、夫に知れたりすることはありません。

WEBサイトから申し込みをすれば、安全かつスピーディにお金を借りることができます。

 

お金を管理しなければならない主婦こそ、お金を借りる必要があることが多くなります。使える手段はすべて使って、上手に家計をやりくりしましょう。