achievement-18134_640

大手カードローン会社では、多くの会社で限度額は300万円となっています。

しかし、貸し出しの限度額を年収の1/3とする総量規制の影響で、上限いっぱいの300万円のお金を借りるには、年収が900万円なくてはなりません。

また、初めてカードローンを使うケースでは、仮に年収が900万円あったとしても、まだ本人の信用度が低いという理由で、上限までお金を借りることができる可能性は低いと言えます。

借りては返すを滞りなく繰り返し、信用度を高めていくことで、ようやく達することのできる数字と言えます。

 

上記の理由から、各社が公表している表面上の限度額でカードローン会社を選ぶことには、あまり意味がありません。

実際の限度額は、本人の年収や、それまでの借入れ/返済実績に大きく影響されます。

初回では、多くの場合、50万円前後が限度で、それ以上の額になると審査も厳しくなり、カードローンのメリットであるスピード感が犠牲になってしまいます。

 

もし、大きな額を借りたいと思ったら、お金を借りることと返済を繰り返すことで信用度を高め、徐々に限度額を上げていくのが王道です。

一度に大きな額が必要になった場合は、少し邪道ですが、複数の会社からお金を借りたほうが、結果的に早くなるでしょう。