信販系カードローンとは信販会社のカードローンの事ですね。

最近では信販系は数少なくなり、銀行との統合や消費者金融との統合など行った会社も数多くあるので、純粋に信販会社と言える会社が数少なくなりました。

そもそも信販会社とな何かを説明しないといけません。

信販会社とは主に販売信用を行っているもので、クレジットカードであれば利用した時に利用者にお金を貸し出すわけではなく、一時的に信販会社が買い取ってからあとで商品代を請求すると言うスタイルの会社となります。

その為、会社が利用者を信用して肩代わりしていると言うスタイルは消費者金融やクレジットカード会社などと大きな違いがあるわけですね。

主にジャックスやオリエントコーポレーション、セディナなどが該当します。

元々はクレジットカードメインの会社でありますが、ユーザーのニーズに答えるべく登場したのが信販系カードローンになります。

特徴としては基本的に消費者金融、銀行のカードローンとは変わりがありませんが、信販会社を信用している人であれば、信販会社の安心感と言うものがあります。

審査に関しては銀行ほど厳しくはなく、消費者金融と同等と言えます。

その為、お金を借りたいけど消費者金融は怖いと考えている人であれば、信販系の方が安心しやすいのかもしれません。

また、ショッピング用のクレジットカードを持つ人の多くは信販系であり、その利用していることからの安心感と言うものも多きのではないでしょうか。

このように身近な存在である信販会社だからこその安心感、借金をすることに対する抵抗がある人などが利用している現状があります。

金利に関しては高いとも低いとも言えないもので、金利面では消費者金融、銀行のカードローンの方が場合によってはお得になる可能性もあるので、チェックしておきたいポイントと言えるのではないでしょうか。

特にこれと言って特徴があるカードローンではなく、信用があるカードローンと言う立場のカードとなります。