もし多重債務者になった場合はどのような事をすべきか

お金を借りる多重債務

多重債務者と聞くとどのようなイメージをお持ちになるでしょうか。

当然、多重債務と言うことで様々な場所からお金を借りて借金を借金で返済すると言う生活を送っているイメージを持つかと思います。

もし、多重債務者になった場合の対処法をご存知でしょうか。

おまとめローンや債務整理など様々な手段があり、借金生活からの脱出手段と言うものは色々あります。

一番軽いものとしてはおまとめローンですね。

おまとめローンは消費者金融や銀行などが行っているローンサービスで、簡単に言えば、複数の借入先がある場合を一本化にして利息を減らす目的があります。

返済日も複数の借入先があった時代と比べるとおまとめローンの返済だけで済むので、比較的に楽になります。

しかし、重度の多重債務者になるとおまとめローンの審査にすら通らない場合があるので、軽度の状態ではお勧めできます。

次に負担が大きいのが債務整理です。

債務整理には4種類あり、『任意整理』、『特定調停』は返済計画を立てると言うものとなり、利息分など軽減する狙いがあります。

任意整理の場合は弁護士を通して進めるので、当然、弁護士代も発生します。

残りの2つである『個人再生』、『自己破産』は重度なもので信用情報など失うデメリットはありますが、借金を全て返済しなくてもいいメリットもあります。

個人再生は3年間一定の金額を返済すれば、残りの借金を帳消しにすることが出来るもので、自分の資産を失うことなく、借金を無くすことが可能です。

自己破産は最終手段で個人再生が認められない人はこちらへの移行となります。

自己破産は自分の資産を全て失う代わりに借金を帳消しにすることが可能で、1からの出発を可能としています。

しかし、債務整理を行った場合は信用情報機関に情報が行きますし、自己破産は市町村の役場に破産者リストとして記載されるので、気軽なものではないことは確かですね。

クレジットカードの作成、新たなるローンの申し込みなど融資を受けることが出来ないものデメリットとして挙げられます。