借金地獄を助けてくれる債務整理について解説

お金を借りすぎて自転車操業になった場合と言うものは考えると恐ろしいものですが、実際に経験する人も多いので、もし、借金地獄へと陥り、借金を借金で返済する生活になった場合にどのような事をすべきなのかを解説していきます。

借金地獄に陥る場合には利息と言うものが大きな存在になってしまいます。

毎月の返済が利息分だけの返済となれば、借金本体の返済と言うものが不可能になってしまいますね。

そこで借金返済から救出を目的とした法律があります。

それが債務整理です。

債務整理には大きく4種類に分けられ、リスクや返済額なども変わってきます。

リスクが低いものとしては『任意整理』があり、任意整理は弁護士と相談して借金の返済計画を組み立ててくれます。

もちろん消費者金融との話し合いになるので、利息分が軽減されると言うメリットがあります。

2番目にリスクが低いものとして『特定調停』があり、裁判所が入り、債務者と消費者金融が話し合うと言うものです。

弁護士など知識がある人がいないので、債務者が知識を持つ必要がありますね。

3つ目にリスクが低いものは『個人再生』があり、個人再生は3年間一定の借金を返済すればすべての借金を帳消しになると言うメリットがありますが、失う信用情報なども任意整理、特定調停よりも大きく、借金返済後のクレジットカード作成や新たなる融資を受けることが出来ません。

そして最後の『自己破産』はデメリット面が大きく、自分以外の保証人などにも影響するので、最終手段としてよく使われます。

債務者が所有している資産をすべて犠牲にすることで借金を帳消しにすることが出来ますが、当然、信用問題を失いますし、市町村の破産者名簿に一定期間記載されるので、自己破産者のレッテルを張られてしまいます。

このように借金返済の規模によって債務整理の種類が変わってきますし、それなりのデメリットを理解しておくことも重要になってきます。

借金の度合いが低いほど、債務整理の手段もデメリットが軽いものになるわけですね。