消費者金融でお金を未成年でも借りる方法とは

お金を借りたいと言う人の中には20歳未満の未成年の方もいるかと思います。

しかし、多くの消費者金融では未成年への契約は出来ないとしています。

理由としては法律が絡んできており、未成年が契約を行った場合に保護者が契約を破棄させることが出来るからです。

その為、例え未成年が契約をしてお金を借りたとしても保護者が破棄させれば、とんでもないことになるので、消費者金融ではそのようなトラブルを避けるために20歳以上からお金を貸し出すと言うことになります。

逆を言えば、未成年にお金を貸してはいけないと言う法律は存在しておらず、消費者金融の中には未成年への融資を行う会社もあります。

そこで、未成年でも借りる方法ですが、例えば、学生ローンと呼ばれるローン商品を扱っている消費者金融でここでは、学生であることを前提に18歳以上からお金を借りることが出来るのです。

ここであれば、未成年でも大学生、専門学校生を中心にお金を借りる事が可能になっています。

しかし、学生ではない社会人として社会に出ている人からアルバイトで生活をしている人はどのようにすればいいのかと疑問に思う人は多いかと思います。

上記にも書いていますが、未成年でもお金を貸してくれる消費者金融を見つけることが一つの手段となり、多くの消費者金融でも拒否される可能性が高いデメリットがあります。

もう一つの手段としては未成年から成年になることで、日本の法律上、20歳以下で結婚した場合は成年と見なされます。

つまり、20歳を超えることなく成年になることでお金を借りる事が可能になるわけですね。

この方法を使えば、男性は18歳、女性は16歳で結婚が出来るので、この年で成年扱いとなるわけです。

当然、他の法律でも未成年から成年へと対応が変わるので、その辺の変化など頭の中に入れておくべきでしょう。

未成年でお金を借りると言う機会はあまりないかと思いますが、このような手段を使えば利用できるのですね。