キャッシングについてネットで調べていると、「総量規制対象外でお金を借りられる」というフレーズをよく目にしますよね。
総量規制って何だろうかと気になる人も多いはずです。
そこで、総量規制とその対策についてわかりやすくまとめてみました。

総量規制とは?

まず、総量規制とは、貸金業法で定められている決まりのことで、個人の借金の総額が原則として年収の3分の1までに制限される仕組みのことをいいます。
同一業者からお金を借りている総額ではなく、あくまでも個人が借りている総額です。
これを超えてしまうと、どこの業者からもお金を借りることはできなくなり、業者もお金を貸すことができません。
連帯保証人がいたとしてもこの総量規制が適用されるので、結構厳しい決まりといえます。

総量規制は2010年に施行された改正貸金業法で定められたのですが、この決まりによってお金を借りることができない人が増えてしまいました。
収入が低い人や、すでに年収の3分の1のお金を借りている人のほかにも、まだ3分の1には若干猶予があるものの申し込みを断られてしまう人もいるそうです。

総量規制の対象外になるもの

このままでは、思うようにお金を借りることができなくなってしまいます。
しかし、ここで総量規制の対象外となるものがあるのをご存知ですか?

銀行カードローンは、銀行が直接融資を行うので貸金業者が対象の総量規制には当たりません。
総量規制対象外であり、利用限度額を設けずにお金を借りたいという人は、銀行のカードローンを利用すればよいのです。
ただ、直接銀行が融資しているわけではない銀行系消費者金融は、低金利で簡単にお金を借りることができますが、総量規制の対象となってしまいます。

また、「おまとめローン」にすることで総量規制の対象外になります。
おまとめローンとは、複数の金融機関でお金を借りている場合に、負債総額やその一部をより低金利で一つにまとめることができるローンのことです。
貸金業法にある、顧客に一方的に有利となる借換えにあたるので、貸付けの残高には加えられますが、例外で年収の3分の1を超えていても返済能力があると判断を受けた上であればお金を借りることができます。

さらに、配偶者と併せた収入の3分の1以下の貸付けを利用すれば、専業主婦でパートやアルバイトをしていない無収入の人でも、夫の同意が得られれば借りることができます。

このほかにも、有価証券や不動産担保の貸付け、高額医療費を除く緊急の医療費、個人事業主に対する貸付けなどが総量規制の対象外となります。

いかがでしょうか?
ただ闇雲にお金を借りて自分の首を絞めることがないように総量規制が設けられていますが、ときにどうしてもお金を借りなければならない状況になってしまうこともあるかもしれません。
そういうときには、計画をきちんと立てた上で、これらを利用することも一つの手かもしれませんね。